2020年まとめ

今年も1年ありがとうございました。2020年を振り返って色々まとめてみました。

スポンサードリンク

崩壊3rd

まずはこのブログのメインコンテンツでもある崩壊3rdのプレイ状況からです。

2020年でプレイ開始から丸3年を超えました。

キャラコンプ自体は昨年達成しましたが、今年追加されたキャラもすべて揃えることができ、引き続きコンプ済みを継続できています。

また、今年の崩壊3rdで一番の出来事はなんと言っても記憶戦場でのランク入り達成です。

2%以内だけでなく、トップ100以内のランクインも達成することができました。

このブログを始めた頃は今のS級に当たる強さのボスでさえ倒すのがやっとというところだったので成長を感じられてとても嬉しかったです。

その後もランクインを何度か達成できたのでそろそろ無課金縛りとはまた別の記憶戦場企画を始めようかと考えています。

来年も引き続きプレイしていきますのでよろしくお願いします。

買ってよかったものランキング

Youtuberが良くやってるやーつ。

1位 Ryzen 7 3700X

メインPCのCPUです。8コア16スレッドでシングルコア性能も中々という優等生です。半年ほど使用していますが特にパワー不足を感じることもなく快適に動作しています。

後継のzen3世代も発売されましたが割高感が高く、6コアの5600Xの価格が3700Xとほぼ同じということで1コア辺りの性能は良くなっているものの、コストパフォーマンスはzen2と変わらないといった状況になっています。

RTX3080のようなハイエンドグラボで144fpsを超える高レームレートでゲームをプレイしたいというハードな用途で無ければ個人的には今はCore i5-10400Fの圧倒的コスパが魅力的だなあと感じています。

上のブログ記事を書いた後もちょこちょこメインPCはパーツ交換を行っており、現在は

  • CPU:AMD Ryzen 7 3700X
  • GPU:RX470 8GB(RX570化済み)
  • マザーボード:B450チップセット
  • メモリ:DDR4-3200 32GB(16G×2)
  • Cドライブ:M.2 1TB(NVMe)
  • Dドライブ:2.5インチSSD 480GB
  • Eドライブ:3.5インチHDD 2TB

といった構成になっています。GPUをRX3070辺りにしたいとも考えてはいますが結局PCゲームあまりしないんですよね…。

崩壊3rdが原神のようにPC対応、高画質化するなら買うんですけど。

2位 ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT OZMO 901

Amazonのセールで購入しました。

ロボット掃除機の機能の違いには大きく2つあり、1つは水拭き機能の有無、もう1つはマッピング機能の有無です。

水拭き機能は無くても良かったのですがマッピングは掃除の効率や障害物回避、掃除漏れに大きく影響するのでどうしても欲しい機能でした。

今回の機種はどちらの機能も備えつつ、セール時には3万円を切る価格になることもしばしばあるのでロボット掃除機を試してみたいという方にもおすすめです。

スマホ連携機能もあり、掃除の状況を確認したり、決めた曜日の決めた時間で自動的に掃除をさせたりできます。

肝心なゴミの取れ具合も申し分なく、部屋がそれほど汚れていないように見えても掃除後には結構ダストボックス内にゴミが溜まっていてびっくりすることもあります。電動の床ブラシがついていないスティック掃除機などで掃除するよりは十分綺麗になると思います。

デメリットとしてはやはり障害物に引っかかってしまうことが時々あります。特に電源コードにはほぼ確実に絡まってしまうので予め片付けておいたり、スマホから進入禁止エリアを設定してあげるなどの対策が必要です。

ロボット掃除機がスムーズに動くように床に物を置きっぱなしにしないようになり、更に部屋がきれいになるなんてことも良くロボット掃除機導入の副産物として語られたりしますね。

3位 キーボード HP GK320

created by Rinker
ヒューレット・パッカード(HP)
¥3,889 (2021/02/26 06:47:53時点 Amazon調べ-詳細)

4000円前後で購入できるメカニカルキーボードです。青軸と赤軸の2種類のラインナップがあります。

ゲーミングキーボードとなっていますが文字入力用としてもコスパに優れていると思います。この価格で日本語配列、テンキー付きというのも良いです。

キーボードのライティング機能もありますが色が固定なのでおまけ程度と思っていただければ。

キースイッチはあくまでCHERRY MX製の互換品となるため価格なりの音、打ち心地とはなりますが今まで使用していたメンブレンキーボードと比較した場合は明らかに違うので非常に気持ちよく文字入力ができています。

自分は青軸版を使用していますが音はかなり大きいです。音に気を使う環境での使用はおすすめできません。

4位 食器洗い乾燥機 MooSoo MX10

こちらもAmazonのセールで3万円を切る価格で購入しました。

通常食洗機を設置する場合、分岐水栓の設置という水道工事が必要となりますが、最近タンク式の少人数向けの商品が増えてきています。

それでも1回の洗浄で10リットル弱の水を必要とするので毎回タンクに給水するのはそれなりに大変な作業となります。

そこで自分は給水口が手前下側にあるこの機種を購入し、キッチンに下のように設置しました。

このように設置することで蛇口から直接給水することができます。

食器を並べて給水するだけなので1,2分程で面倒な皿洗いが終了します。

毎日食器洗いをする方なら1日10分程は時短になると思うので、10分×365日=3650分=約60時間ということで丸2日半ほどの時間を年間で創出できるようになると考えると費用対効果は十分にあると思います。

また、高温で洗浄するので手洗いでは落ちにくい油汚れにも強く、分解して排水するので排水溝も詰まりにくくなったように感じます。

先に紹介したロボット掃除機と合わせて時短家電は現在のトレンドともなっているので毎日自炊をする方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

5位 充電式エアブラシ+新水性ホビーカラー

最後にプラモ用塗装道具として非常に良かった組み合わせの紹介です。

充電式のエアブラシはAmazonで5000円前後で購入できます。ハンドピースの下部にコンプレッサーと電池が一体となったユニットを取り付けて塗装します。

取り扱いに多少の慣れは必要ですが取り回しの良さと圧倒的な準備の簡易さでエアブラシを常に出しっぱなしにできない方の強い味方となります。

水性ホビーカラーは19年11月からリニューアルされラッカー塗料と遜色ない仕上がりで塗装できるようになりました。それでいてラッカー系のようなシンナーの匂いが無く、掃除も簡単なのでまだ色の種類が少ないこと以外は特に欠点が見当たらない塗料です。

この2つを組み合わせることで準備、後片付けが大変だったエアブラシ塗装のハードルがかなり下がると思います。

下は実際にこの組み合わせをメインで製作していみた作例ですので参考にしてもらえればと思います。

以上、今年購入してよかったもの5点の紹介でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ブログまとめ

続いてこのブログの今年のまとめです。今年の投稿数は73件でした。ページごとのアクセス数順位は以下の様になります。

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

1番アクセスが多いのはニーアの記事でした。これはSteamでセールが行われるとアクセス数が爆伸びします。これを書いている最中もSteamでウィンターセールが行われているのでたくさんのアクセスを頂いています。

崩壊3rd関係の記事ではやはり初心者向けのページのアクセスが多いですね。長らく更新できていない内容などもあるのでそのうち更新や作り直しなども行っていきたいと思います。

こんな内容を取り上げてほしいなんてリクエスト等もあればブログのコメントやマシュマロなんかで頂ければと思います。

Youtubeまとめ

今年のYoutubeの投稿数は70本でした。記憶戦場系の動画がメインでしたがこちらもリクエスト等あればがんばります。

動画別ではシャイスコのRTA動画が上位を占めています。これは自分個人というよりは検索等から見ていただいた方なのかなと思います。

余裕があれば崩壊3rd以外の動画もたまにはアップしていきたいですね。

チャンネル登録者数は今年187人増えました。区切りである1000人はまだまだ先ですがこれからもいろいろな動画をアップしていこうと思っていますのでよろしければチャンネル登録もお願いします。

YouTubeチャンネル

 

以上、2020年の総括でした。2021年も引き続き崩壊3rdを中心にブログにYoutubeと活動していきますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。