【崩壊3rd】記憶戦場 最上級ランクイン達成記念 編成解説

初めて記憶戦場のランキング100位以内に入れたので極限値を出すためにはどのような所を意識しなくてはいけないかの参考になればと思います。

スポンサードリンク

ランクインに必要な戦力

今回ランクインできた時点での自分のプレイ状況を紹介したいと思います。

プレイ期間と課金状況

プレイ期間は約3年、課金スタイルは月パスと上級標章がメインです。

水晶はコツコツ貯めて、補給はキャラ>装備>人形の優先度で回していますが、基本的には新規追加時のみ狙っています。

キャラはSランクキャラ追加時のみ回していて、Aキャラ追加時やガチャ限SキャラのSS以上は基本的に狙いません。

ロストローズマリーやテスラ・Zeroのようにガチャ以外での入手方法がある場合も基本的に補給からは狙わないで水晶を節約しています。

それでも聖痕等は揃わないことが多いのでその場合に追加で課金しているといった感じで、累計消費の特典はまだ全部は取り切れていないといった課金状況です。

キャラ入手状況

キャラは全キャラ入手済みです。

Aキャラは日々の欠片集めで全キャラSSSまで育成が終了しています。

Sキャラは上で紹介したとおりガチャ限キャラはS止まりしかいません。戦場ショップで欠片を交換できるキャラはロストローズマリー以外SS以上までランクアップ済みです。

特に月光・鬼鎧はSSS、紫苑・SB・熾鳶はSSまでランクアップしておかないと100位以内は難しいと思います。

武器入手状況

武器も超限武器、メインアタッカーとして使われることの多いキャラのモチーフ武器、サポートとして使われることの多い鮮血の舞、鬼角等主要な武器は一通り揃えました。

超限武器はアタッカーに装備させた場合、Lv50の場合と65の場合でスキル倍率の差と攻撃ステータス自体の差で2~3割程は変わってくると考えてください。

武器の育成には崩壊結晶とアインのトカマクが必要になってきますが最近のイベントでは崩壊結晶1個かトカマク70個どちらかを選択するという報酬が良くあります。交換レート効率から自分はイベント等の報酬は崩壊結晶を選択し、補給で余ったガチャ産武器を武器共鳴を経由してトカマクへ変換を選択しています。

聖痕入手状況

聖痕も主要な聖痕は一通り揃っています。よく使われる聖痕で所持していないのはカフカセットとベートーヴェンBくらいでしょうか。

複数セット持っておきたい聖痕はまずはニュートンBですね。

自分は3枚しか持っていませんが、安定してランクインを狙うなら5、6枚程は欲しいところです。

最近はフカ・衛戍や水鏡、アイリーンなどニュートンよりも効果が落ちるものの効果時間は長いB枠の優秀な聖痕も増えました。2%以内を目指す場合はこういった聖痕で十分代用可能ですが、ランクインを目指す場合は中央タイマーで数秒以内の撃破が求められるため、効果時間よりも効果量が重要となりニュートンBの重ねがけが非常に効いてきます。

ガチャから1点狙いは現実的ではないので聖痕共鳴が貯まるごとに置換空間で交換していくのがおすすめです。

ニュートンB以外では葉采章TBやテレサ・暴食辺りは複数セットあると良いかと思います。

人形入手状況

人形も一通り揃っていますがランクアップまでは必要無いかと思います。

ガチャ産人形の中では凍結を付与できる暗影の十字架と炎キャラのQTEを発動できる伏義の書は優先的に入手しておくと良いかと思います。

それでは今回の編成について詳しく紹介したいと思います。

プレイ動画

  • 至陽の獣-禍斗:鬼鎧・BB・理律
  • 神機 ヘイムダル:雷律・誓約・双生 
  • ヘファイストス:デルタ・彗星・神恩
スポンサードリンク
スポンサードリンク

至陽の獣-禍斗

編成

立ち回り

メインアタッカーとして理の律者を起用しています。真理の鍵の超限化によりチャージ時のEP回復と武器スキル使用後の律者ゲージ回復が追加され記憶戦場で非常に使いやすくなりました。

リーダーを鬼鎧にすることで理律の必殺技使用までを更に加速するとともに鮮血の舞使用のEPも確保します。

禍斗は2段階に分かれたボスになりますが前半を武器スキル+チャージ攻撃、後半を必殺技で撃破する戦法です。

また、禍斗は第2形態移行時に凍結ゲージを溜めることでダウンします。今回はBBのチャージ攻撃と暗影の十字架の必殺技でゲージを溜めます。

戦闘が始まったら直ぐに鬼鎧で武器スキルを使用します。キャラを交代しても攻撃判定が残るので敵に当たった時点で葉采章とニュートンの効果が発揮されます。このときいくらか前進しておくと敵が葉采章の範囲内に収まりやすくなります。

BBに交代しこちらも武器スキルのみ使用して理律へ交代します。理律が出場したらまず武器スキルを使用、通常攻撃を行いつつ敵の攻撃に合わせて極限回避を発動、律者ゲージを回復させてチャージ攻撃を撃ちます。時空減速中は弾が遅くなるのと聖痕にアナを装備させているので回避時は前にスティックを入力して理律が敵から離れないようにします。

各種デバフに攻撃が間に合い、火力が十分であればチャージ攻撃2発で第1形態を終了させることができます。中央タイマーが止まっているうちに通常攻撃とチャージ攻撃でEPを溜め必殺技が使用できるようになったらBBへ交代します。

敵の攻撃範囲を表す円が表示されるタイミングで人形の必殺技、凍結ゲージが表示されるタイミングでBBのチャージ攻撃が着地するようにし、敵の凍結ゲージを満タンにします。

チャージ攻撃後からは操作が非常に忙しくなり、回避で少し距離を取ってから鮮血の舞>鬼鎧出場>武器スキル>理律出場>理律必殺技と使用します。特に鬼鎧の武器スキルが敵に当たる前に理律必殺技を発動させるのが非常に重要で、ここを最速で操作しないと理律の必殺技演出中に葉采章とニュートンの効果が切れてしまい、その後のダメージが伸びなくなります。

上手く発動できればチャージ攻撃2回で敵のHPの殆どを削り切ることができると思います。もう少し下のスコアで妥協する場合は武器スキルのCTが終わっていると思うので必殺技>武器スキル>チャージ攻撃3回という行動が可能になるかと思います。

動画では37824点ですが、手順自体はそのままで動きを詰めて1秒短縮することができ37888点を出すことができました。この1秒がなければ100位以内には入れませんでした。

神機 ヘイムダル

編成

立ち回り

上位の方はヘイムダルにデルタ、ヘファイストスに雷律をぶつけていましたが自分はニュートンの枚数からこちらのほうがスコアが出せそうだったので逆にしました。

誓約と双生でバリアを破壊し雷律でそのまま倒しきります。

戦闘が開始したら直ぐに誓約へ交代します。雷律のリーダースキルにより必殺技が使用できるので出場後即使用します。このとき出場時の硬直を消すためにスティックを入力しておきます。

敵の出場攻撃に極限回避を合わせて時空断裂を発動、チャージ攻撃を使用してアイリーンの3セットスキルを発動します。

雷律へ交代し通常攻撃をしつつ敵の攻撃に回避を合わせます。ここの敵の行動は最後に飛び上がらない攻撃だと良いので行動ガチャが必要になります。

うまく回避を合わせて時空断裂が発動できたら双生に直ぐに交代し必殺技を発動します。その後チャージ攻撃を1回行い、すり抜けによる回避スキルを発動してからさらにチャージ攻撃を行います。この間にバリアを1回破壊できていれば計3回の重攻撃によるゲージ加算にてさらにバリアゲージを2つ削ることができ敵をダウンさせることができます。

すり抜け回避かその後の攻撃による浮遊で雷律がQTEで出場できます。出場したら直ぐに武器スキルを使用してから強化分岐攻撃を行います。敵がEPアイテムを落とすので攻撃で近づくかすり抜けるように回避するかで上手く拾い必殺技を発動します。

必殺技の演出後に即回避ボタンで時空断裂を発動、分岐攻撃のブレスでタイマーが遅くなっているうちに倒しきります。

鮮血の舞、葉采章、ニュートンといった元素サポート定番装備を必要としない編成なので元素編成が複数必要な場合におすすめの編成です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ヘファイストス

編成

立ち回り

各種バフデバフを乗せた状態でデルタのフィーバー状態を発動し一気に倒しきります。

戦闘が始まったらまずはデルタで通常攻撃を3段目まで行います。3段目の着地に合わせて武器スキルを使用し、回避を合わせて回避スキル発動させます。更に通常攻撃4段目まで行うことで後はQTEだけで両KPが満タンになる準備が整います。

4段目の攻撃が当たったら彗星へ交代しますが、再出場CTが長くならないように予め彗星のQTEは無効にしておきます。

彗星は攻撃を行ってピカソの効果を発動しつつ敵の攻撃を待ちます。敵の行動は3段攻撃がベストです。3段攻撃の場合は2段目に彗星の回避を合わせ時空断裂発動、チャージ無し攻撃を行ってから武器スキルを使用することでデルタの再出場CTが終了するタイミングで被撃し、デルタのQTEが発動可能状態となります。

神恩がQTEで出場し十字架を設置したらデルタがQTEで出場します。デルタはチャージ攻撃でフィーバー状態となり強化3段攻撃を行います。3段目の途中で武器スキルを使用して準備しておき3段目の後に強化必殺技を使用します。そのまま強化攻撃を続けて倒しきります。

 

以上、今回100位以内を達成できた戦力と編成の紹介解説でした。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。