;

【崩壊3rd】パルドフェリス「掠集の獣」キャラ解説

SPキャラでありながら他に無い性能を持ちつつ汎用性も非常に高いフェリスのキャラ解説です。

スポンサードリンク

はじめに

今回はver.5.6で追加された新キャラ、パルドフェリス『空夢・掠集の獣』のキャラ解説です。

オールラウンドに活躍できる非常に優秀なキャラなので今回の解説を参考にぜひ使用してみて下さい。

解説はこのような順番で行っていきます。

フェリスが最も活躍するのは氷元素のサポーターとしてですがそれ以外にもメインアタッカーや氷パーティ以外のサポーターとしても活躍が十分期待できるキャラなのでその辺りも含めて解説していこうと思います。

動画では実際のキャラの動き等も確認できますのでよろしければこちらも参考にして下さい

キャラ紹介

それではまずフェリスの基本的な性能紹介ということで主な特徴について解説していきます。

まずはSPキャラということです。優秀なキャラでありながらオープンワールドの冒険依頼や挑戦ショップ、星石ショップといった各所でキャラの欠片を集めることが出来るので初心者の方や無課金、微課金プレイの方にも非常におすすめできるキャラです。

SPキャラはいずれも優秀なキャラが多く、ショップで交換するための素材が足りなくなるかと思いますが、汎用性の高さなどからも今後はこのフェリスをまずは最優先で交換していくのがおすすめです。

必要なキャラランクについてはフェリスの重要なスキルが2つあり、1つはルンルン状態時の分岐攻撃【冷やし缶】で付与できる敵の受ける全ダメージ+30%効果です。

この効果は崩壊3rdのダメージ計算上非常に強力な効果で最終ダメージがほぼ1.3倍になるものとして扱えます。強力な聖痕として有名なニュートンBとほぼ同じ効果であり、なおかつ継続時間は15秒とニュートンBの3倍の継続時間です。

氷サポーターとしてだけでなく自身がアタッカーを行う場合、更には物理サポーターとしてもこの効果だけで十分活躍できるポテンシャルを持っています。

このスキルは初期時点で開放されているため、ランクアップを行っていなくてもフェリスはある程度活躍することができます。

ただし出来ればもう1つの重要なスキルが開放されるSSランクまでは優先的にキャラのランクアップを行うのがおすすめです。

SSランクでは必殺技使用後にチーム全員にEP回復効果を付与するスキルが開放されます。最大強化で毎秒2.5EP回復し、合計で1キャラ辺り25EPも回復します。これによりチーム全体の必殺技回転率が大幅に上がり、ダメージ効率を大きく伸ばすことができます。自身の必殺技使用頻度も上がるので長期戦になればなるほど加速度的に恩恵を受けていくことができます。

更に、SSランクではフェリス自身の初期EPが+40されるスキルも開放されるので短期戦でも活躍しやすくなります。SランクとSSランクでかなり使い勝手が変わってくるのでまずはSSランクまで早めに育成してあげたいですね。

SSSランクでは条件が緩く無駄になりにくいダメージアップスキルも開放されますが、効果量はそこまで大きくないのでまずはSSランクまで育成できれば他キャラの育成に移行して良いと思います。

氷元素以外のパーティに編成しても十分な活躍が期待できるのでまず最優先に育成するのがオススメのキャラです。

続いて紹介するのは虚数タイプのキャラという点です。3人目の虚数タイプキャラとなり、これまでのキャラと同様に虚数タイプの敵に対して発揮する特殊なスキルを持っています。

フェリスのスキルはHP20%以下の虚数の種を必殺技で即死させるというスキルとなりますがこちらはあまり有効的ではないと思います。フェリスは自身のダメージが優秀かつ必殺技使用後は強化状態となるので無理にHP20%以下になるまで待って必殺技を使用するよりも必殺技が使用可能になった時点でさっさと必殺技を使用してその後の強化状態のダメージと合わせて普通に倒してしまうほうが効率的なことも多々あると思います。

虚数タイプの敵に対しては相性補正によるダメージ1.3倍を主に活かして特殊スキルはおまけ程度に考えるのが良いと思います。

次に紹介するのはフェリスの凍結付与能力です。ver.5.6から状態**に関する仕様が大きく変更されほとんどの敵に対し凍結を付与することが可能となりました。

フェリス自身やモチーフ聖痕にも凍結を条件とするスキルが多数あり、凍結をしっかり付与しながら戦うことも重要となります。

フェリスは分岐攻撃を2回使用したあとに使用可能な特殊攻撃【急襲】と必殺技で敵の凍結蓄積値を大きく溜めて凍結状態を付与することができます。

凍結付与は敵の動きを止めて戦いやすくすることにも繋がるのでフェリスを使用する上ではこの2つの凍結付与能力もしっかり意識しながら戦っていきましょう。

最後に紹介するのはフェリスが使用する武器です。フェリスは新武器種チャクラムを使用するキャラで武器の選択肢が少ないため武器をどうするかはフェリスを使用する上でネックになってくると思います。

ガチャから入手出来るモチーフ武器『往昔の幻夢』はチーム全体のダメージサポート効果も持っていますが、効果量は大きくないので必須と言える性能ではないかなと思います。

ただし超限化をすると大きく評価が変わる武器です。

超限化を行うと氷元素キャラクターの必殺技クールタイムを短縮するスキルが追加されます。もちろんフェリス自身も対象に含まれるためSSランクで開放されるスキルとの相性が抜群で氷元素パーティの必殺技回転率が大幅に上昇します。

効果量こそ落ちますが超限化のみのLv50でも十分効果は実感できるので艦長レベル81以上の方は是非モチーフ武器も確保して欲しいですね。

始めたばかりで超限武器の製造がまだ先になりそうな場合は武器製造に追加された『墨染の金秤』やサポート特価の運用であれば初期装備の『双刃の環』をとりあえずそのまま使用しても良いのではないかと思います。

フェリスはキャラ自身のスキルが非常に優秀なので、装備が揃っていなくても十分な活躍が可能なキャラです。

以上がフェリスの基本的な特徴です。続いて運用別にもう少し詳しく解説しようと思いますがメインの用途であるサポーターとして使用する場合もフェリスのアタッカー性能を把握しておくと効率的な運用が可能となるのでまずはアタッカー性能についての解説から行おうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

アタッカー性能解説

フェリスのアタッカー性能についてですが、メインがサポーターと言いつつもフェリスはこれだけ多くの自身に有効なダメージアップスキルを持っています。

各スキルが発動する条件をまとめると凍結状態、分岐攻撃、必殺技使用後です。

特に先程も紹介した分岐攻撃【冷やし缶】によるダメージアップ効果は自身がアタッカーとして活躍する場合にも非常に強力なスキルです。

このダメージアップ効果を十分に活かすためにフェリスは次のような順番で攻撃を行っていくとダメージが伸びやすくなります。

まず必殺技に必要なEPが足りない場合は2種類の分岐攻撃から特殊攻撃を使用して一旦退場しましょう。ダメージを稼ぐというよりはEPを溜めるのがメインになるかと思います。

EPが溜まったら出場後に必殺技からの始動で攻撃を行います。

必殺技を使用すると2種類の分岐攻撃のダメージアップ効果も同時に発動する上に10秒間強化状態となるので先程の2種類の分岐攻撃からの特殊攻撃を2セット分行うことができます。フェリスは優秀なダメージアップスキルが揃っているのでこの動きで十分なダメージを稼ぐことが可能です。

更には必殺技で発動するスキルによりサポートに編成したキャラも必殺技が使用しやすくなるのでダメージ効率が上がりアタッカー特化のキャラに全く劣らない活躍ができるポテンシャルを持っています。

以上がアタッカーとして使用する場合の解説です。この内容を踏まえて続いてサポーター運用について解説します。

サポーター性能解説

まずサポーターキャラにとって重要な集敵能力の紹介です。

フェリスは分岐攻撃で敵を吸い寄せることができます。識の律者のような非常に速度の早い集敵でダメージアップ効果付与と一緒に行うことが出来るので非常に使い勝手が良いです。

ただし吸い込み範囲はそこまで広くないので広範囲に次々敵が出現するステージではほかに集敵用のキャラクターを編成したほうが良いかもしれません。

続いてキャラの特徴でも紹介したEPサポートスキルについての紹介です。必殺技で大量にチーム全体のEPを回復させる他に【二重爪痕】の分岐攻撃でも都度EPを回復できます。

他のキャラには無いフェリスの非常に特徴的なサポート効果の1つなのでしっかり活用していきましょう。

チーム全体へのダメージアップ効果付与はこの様になっています。

数こそそこまで多くありませんが、敵の受ける全ダメージアップが非常に強力かつ付与も簡単なので意識してしっかり与えていきましょう。

主なサポート能力の紹介は以上となりますがこの内容を踏まえてのサポート効果をしっかり発揮するための立ち回りはこの様になります。

EPが溜まっていない場合はQTE出場から2種類の分岐攻撃と特殊攻撃を行うことでサポート効果をしっかり発動させることができます。

実はこの動きは先ほど紹介したアタッカーとして運用する場合とまるっきり同じです。フェリスはサポーターとしての動き=アタッカーとしての動きとなり、サポーターをしながら優秀なアタッカー性能を活かして自分でもダメージを稼ぐことができるキャラです。

必殺技が使用できる場合も同様に必殺技から分岐攻撃等を使用してアタッカーへ交代するのがおすすめです。

サポート効果自体は必殺技使用のみでも発動するので場合によっては分岐攻撃は行わずにすぐ交代するのも良いです。

分岐攻撃をするかどうかはメインアタッカーの必殺技が使用できる状態になっているかどうかで判断するのが良いですね。EPが足りなかったり必殺技がクールタイム中であればフェリスが分岐攻撃を行ってダメージを稼いであげましょう。

また、パーティにハッカーバニーを編成してフェリスとメインアタッカーの2人だけが交互に出場する場合も再出場クールタイムがあるので分岐攻撃を行っていくと良いです。

フェリス自身が攻撃を行っても十分なダメージを稼ぐことができるのでをサポーターとして使用する場合も優秀なアタッカー性能を活かしながら運用してあげましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ聖痕

続いてフェリスのおすすめ聖痕紹介です。今回はチーム全体のサポート効果とフェリス自身のダメージアップ効果両方を比較していこうと思います。

最適はやはりモチーフ聖痕であるバステト3セットです。自身とチーム全体どちらのダメージアップ効果も優秀であることに加えBのスキルによるチーム全体のEP回復が

フェリスの性能と非常に噛み合っています。

ただし各種条件に凍結が関連しているため、凍結への耐性が高い敵とはかなり相性が悪いところだけ注意が必要ですね。

ダメージアップ性能だけであればツルゲーネフと水着Cの組み合わせはバステト3セットを超えます。

ただしフェリスはハッカーバニーと一緒に編成することが多く、ツルゲーネフはハッカーバニーに装備させたほうが良いのでこの編成を使用する機会はあまり多くないと思います。

似た編成では効果量こそ落ちてしまいますがTBにフカ・衛戍やアイリーン2セットを装備させてあげても良いかと思います。

サポート特化であればフェリスは葉采章とニュートンBの組み合わせも活かすことができます。

SPスキルによりフェリスは退場後も継続ダメージを与えることができこのダメージはフェリス自身のダメージとして扱われるので葉采章やニュートンの効果を退場後に発動させることができます。

葉采章は今ver.から製造できるようになったので同じく製造可能なシェイクスピアBを組み合わせる編成もチームサポートと自身のダメージを両立できて相性が良いですね。

G1と2の組み合わせなので比較的揃えやすく他のキャラへの流用も効きやすい聖痕なので聖痕をガチャから揃える余裕の無い方はまずこの編成をめざすのがおすすめです。

星3聖痕のみで編成する場合はフェリス自身のダメージ重視でスコット3セットを使用してあげるのが良いと思います。

最後にここまで紹介した聖痕セットの比較です。

バステトはダメージアップ効果だけで見れば飛び抜けた性能ではありませんがやはりEP回復効果が非常に大きいと思います。フェリスのSSスキル、モチーフ超限武器、バステトBの3つが揃うとチーム全体の必殺技回転率がかなり変わってきます。

今回は紹介していない組み合わせとしてメインアタッカーとして使用する場合はアナ3セットもおすすめです。ダメージ上昇量がバステト3セットとほぼ同じでEP回復がある分バステトが有利ですが、アナは聖痕製造で揃えられるためバステトが揃っていない場合は有力な選択肢になります。

フェリスは様々な役割を担えるので状況によって聖痕は選択していただければと思います。以上がおすすめ聖痕の紹介です。

キャラ編成

最後にフェリスを使用する場合のキャラ編成についての紹介ですが、まずは氷サポーターで使用する場合の他サポートキャラとの比較です。

いずれも最適モチーフ装備一式を装備した状態での比較となりますが、フェリスはダメージアップ効果が高くさらにEPサポートもあり自身もダメージを稼げるので氷パーティでは優先して編成して良いキャラではないかなと思います。

あとはダメージ効率を重視するのであればハッカーバニーを複数敵が出現して広範囲の集敵能力を必要とするのであれば雲墨丹心をメインアタッカーと合わせて編成してあげましょう。

それでは具体的な編成紹介です。

フェリス自身もある程度の集敵能力を持ってはいるので今後の氷パーティはフェリスとハッカーバニーに氷アタッカーを組み合わせた編成が基本になると思います。

フェリスの各種スキルによりハッカーバニーの必殺技使用頻度も上がりダメージもそれなりに稼ぎやすくなるのでメインアタッカー1、サブアタッカー2、サポーター2の

3人で5人分くらいの役割を担える編成となります。

メインアタッカー枠は凍結がQTEトリガーとなる銀翼や理の律者が特に相性が良いですね。

こちらはフェリスをメインアタッカーとして使用する場合の編成です。

先ほど紹介した雲墨丹心とハッカーバニーをそのままサポートとして編成しています。雲墨丹心は氷元素キャラではありませんが元々必殺技のクールタイムが短く自身の武器スキルとフェリスのスキルでEPを確保できるので、どんどん必殺技を使用出来てフェリスとの相性は意外と悪くないです。

ハッカーバニーの代わりに他元素のメインアタッカーを入れても十分強い編成になるのでキャラが揃っていない方はフェリスを上手く活用してあげましょう。

最後に紹介する編成はフェリスを物理パーティに使用する編成です。

フェリスの敵の受ける全ダメージアップ効果とEPサポートは物理元素問わずに活躍できるので物理パーティでも活躍することができます。

QTE、武器スキル、必殺技等の物理サポート聖痕の条件も満たしやすいので、その辺りを装備されば他の物理サポーターに劣らない活躍をすることもできると思います。

キャラが少ない内はフェリスを持っておけば様々な編成に対応できるので初心者上級者問わずに非常におすすめできるキャラですね。

 

フェリスの解説は以上となります。

フェリスはこれまでに無かった強力なEPサポートを持つキャラで氷パーティのサポーターとしてだけでなくメインアタッカーや他元素、更には物理パーティのサポーターとしても活躍ができる唯一無二の性能を持ったキャラでありつつ、SPキャラということでガチャ以外でもランクアップが行えるので現在キャラの欠片集めを最優先で行うにふさわしいキャラだと思います。

今回の解説を参考にぜひ皆さんもフェリスを使用してみて頂ければと思います。

以上、パルドフェリス『空夢・掠集の獣』のキャラ解説でした。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。