【ウマ娘】競技場向け育成論 ライスシャワー(マイル)編

競技場用に育成したマイル向けライスシャワーがとても強かったので紹介です。

スポンサードリンク

動画も作ってみたのでこちらもどうぞ

キャラ紹介

ステータス

距離適性は中長距離、脚質は先行が向いているウマ娘です。

成長率も根性とスタミナに補正があるので基本的には中長距離の先行で育成させたくなる性能なのですが今回はマイル用での育成をおすすめします。

取得スキル

固有スキル

発動条件:最終直線で5位以上の順位から追い抜くと発動

5位以上の順位で追い抜けば発動なので発動率は高そうに感じますが中長距離運用の場合、スパート開始位置が早く最終直線では前後の感覚が既に間延びしてしまっており中々追い抜きが発生しにくいです。

長距離で運用した場合の競技場での固有スキル発動率は体感3割前後かなといった印象です。

今回は固有スキルの発動率を上げるために最終直線までにバラけにくく、距離適性の補正も容易なマイルで育成し固有スキルを活かして勝てるライスシャワーを目指します。

汎用スキル

汎用スキルは先行・長距離用がメインです。

マイル以上では坂のあるレースがほとんどなので、覚醒Lv3で開放される「決意の直滑降」は発動率も良くおすすめのスキルです。

深呼吸・クールダウンを取得すると育成レースは楽になりますが競技場では無駄となってしまうので出来れば避け、他のスタミナ系スキルでカバーしたいです。

目標ステータス

スピード: スタミナ: パワー:A 根性: 賢さ:

マイルの先行運用の目標としては上記ぐらいのステータスが目標になるかと思います。

個人的にマイルの目標スタミナはBにしています。最近は最長の3600を走り切るのにスタミナ上限1200あれば良いだろうという考えを基準にして想定レース距離×0.33をスタミナの目安にしています。今回のマイルの場合は1800mまでなので1800×0.33=594でスタミナBの600が目標といった感じです。

後は根性D:300、賢さC:450位を確保しつつ残りをスピードとパワーに割り当てます。

伸ばしたいスピードとパワーにライスは補正が全く無いのでスピードはSでも結構きつめの目標かもしれません。

また育成目標に天皇賞(春)1着があるので3年目4月までにある程度スタミナ育成を終える必要もあります。幸い3年目の継承イベント後のレースとなるので上手く因子を利用して切り抜けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめスキル

食いしん坊

スタミナのステータスを抑えつつ育成目標の春天を勝つために必要となります。

スタミナ系のレアスキルが有ればスタミナ500程で勝てると思います。先行で育成する場合はイベント配布のスペシャルウィークで入手可能な食いしん坊がサポート編成の自由度が上がりおすすめです。

ただし食いしん坊か1ランク下の栄養補給かのランダムとなるのでウオッカの好転一息や覚醒Lv4にして栄養補給+直線回復orコーナー回復といった方法もあります。

競技場でもレアスキル発動によるポイント稼ぎ、掛かり対策としても有効なので取っておいて損は無いです。

抜け出し準備/スピードスター

最終コーナーから直線へ入る際に発動するので直線早めでの追い抜きがしやすくなり、固有スキルの発動率が上がります。

スピードスターはSSRファインモーションから、抜け出し準備はSRダイワスカーレット等から入手可能です。

全身全霊

最終直線で発動するスピードスキルです。固有スキルを発動させるためのサポートとしても有効ですしスキルの効果自体も優秀なので勝ちやすくなります。

取得は新しく追加された配布のウィニングチケットから入手できるようになったのでパワーカードを編成する場合は積極的に入手していきましょう。

逃げためらい

固有スキルを発動を安定させるためには直線で逃げウマ娘を追い抜くというシチュエーションが一番多くなると思うので逃げのスピードを抑えることが出来るためらいスキルが効果的です。

取得はSRマーベラスサンデーから入手可能です。競技場であればライス自身が取得しなくても良いのでチーム全体の編成で考えましょう。

おすすめサポート編成

おすすめのバランスはスピード3:パワー2:賢さ1の組み合わせです。

ビワハヤヒデは練習効果を期待しての編成なのでウィニングチケットが完凸まで育成できればスピードを1枚増やして4枚にしても良いかもしれません。

賢さ枠はデバフを他キャラに任せるのであればファインモーションやダイワスカーレットを編成しましょう。

手持ちのスピードサポカが揃っているのであればフレンドに完凸ウオッカを借りるのも有りです。

最終的に練習レベルがスピード5、パワー3、賢さ3くらいになるように練習比率を意識すると良いと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ因子組み合わせ

スタミナは因子とパワー練習によるスタミナアップで上げていくのでスタミナ因子は合計星9以上、出来れば星12ぐらい欲しいです。URA因子も引けるとスピードスタミナが大きく伸びるので育成がグッと楽になります。

またマイル適正の補正も必要となります。ライスの初期適正はCなので合計星4以上でAになります。

マイル適性のあるウマ娘は多いので自前で用意しても良いですがツイッター等で「スタミナ9 マイル」でフレンド検索するのが手っ取り早いと思います。

育成例

食いしん坊が確率となるため何度かチャレンジしての育成となりますが良い感じに育成できました。

レースも多めに出したのでスキルも多く取得できました。競技場向けであればスピード等をカンストさせるよりもその分レースに出走させて効果的なスキルを多く取得させたほうが活躍してポイントを稼げると思います。

手持ちサポカは配布SSR+SRという無課金編成ですが競技場でもかなり活躍してくれます。

育成経過

1年目終了時

初期スピードがかなり低いので1年目はキタサンを中心に追います。早めに友情トレーニングを発生させてスピードを伸ばし年末のGⅠレースに勝てるようにします。

2年目の継承イベントはほぼ青因子のステータスアップのみでした。

2年目終了時

2年目は良い感じにスピード練習が発生し3年目開始時点でスピードはBまで乗ってくれました。最終スピードS以上を目指すのであればこのくらい欲しいですね。

3年目の継承イベントではマイルの赤因子を引いたのでマイル適性がSになりました。適正補正が必要なキャラは事前に赤因子を多く組込む関係でSまで上る可能性が高いのもある意味利点かと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

育成のポイント

出場レース

  • 1年目6月後半:ジュニア級メイクデビュー
  • 1年目12月前半:阪神ジュベナイルフィリーズ
  • 1年目12月後半:ホープフルステークス
  • 2年目3月後半:スプリングステークス
  • 2年目4月前半:皐月賞
  • 2年目5月前半:NHKマイルカップ
  • 2年目5月後半:日本ダービー
  • 2年目6月前半:安田記念
  • 2年目10月後半:菊花賞
  • 2年目11月後半:ジャパンカップ
  • 2年目12月後半:有馬記念
  • 3年目3月後半:日経賞
  • 3年目4月後半:天皇賞(春)
  • 2年目5月前半:ヴィクトリアマイル
  • 2年目6月前半:安田記念
  • 3年目6月後半:宝塚記念
  • 3年目10月後半:天皇賞(秋)
  • 3年目11月後半:ジャパンカップ
  • 3年目12月後半:有馬記念

青は目標レース、赤は追加で出走させるのにおすすめのレースです。

マイル適正を補正していればマイルから長距離までの幅広いGⅠレースに対応可能となるので合計20レース程を目安にしていい練習が無い場合はレースに追加出走させていきましょう。

目標レースでの最難関は天皇賞(春)です。ここは条件が1位となるので十分なスタミナを確保して最短でスパート開始できるようにしないとマックイーンに勝てません。

スタミナ金スキルがある場合はスタミナ500、無い場合は600程度スタミナが必要になってくるかと思います。ただしここでスタミナを600まで上げてしまうとその後のパワー練習やURA連戦時のステータスアップによりマイル用としてはスタミナ過多となってしまうのでやはり食いしん坊等のスタミナスキルに頼りたいところです。

1年目

1年目は絆ゲージ溜めをメインに練習を選択していきます。レースに勝つためにはスピードが一定以上必要なのでスピードのステータスも意識しながらキタサン等の優秀なサポートを優先して追っていきます。

年末は阪神JF、ホープフルステークスに出走させたいのでそれまでにDの300が目標となります。特に良い練習が無ければこの2レース共出走させてしまって良いと思います。

スタミナ練習はなるべく選択したく無いですが、根性についてはキャラが集まっている場合に選択して今の内に上げてしまうのも悪くありません。

1年目のレースの作戦は全て逃げを選択します。2年目以降は先行に変更して固有スキルを活かすのも良いかと思います。

2年目

2年目はダービー、菊花賞が目標に設定されていますがスタミナ因子を組み込んでいれば継承イベント後にスタミナ300以上は確保できていると思うのでそれほど難しくはないかと思います。

引き続きスピード練習を中心に行ってステータスを伸ばしていきながらレースにも積極的に出してスキルポイントを稼ぎます。

20レース前後出走を目標にする場合は2年目末にスキルポイントボーナスを貰えるファン数10万人以上によるイベントも達成しやすいのでレースによる獲得ファン数は気にせずマイル系やGⅡレース等にも良い練習がなければ出走させます。

3年目

3年目は練習効率がかなり良くなっているので練習優先で行ってステータスを上げていきますが最大の難所である春天の対策をする必要もあります。

3年目開始時点で食いしん坊イベントが完走していない場合は回復スキル無しでの春天突破も意識してパワー、スタミナ練習を多めに行う必要があるかと思います。継承イベントによりスタミナが50~100程度は上がるかと思いますので調整しながら進めていきます。

春天を無事突破できたら以降はスタミナを上げる必要はないので複数人のスピード練習を確実に踏めるように備えて体力を調整しながら立ち回ります。

夏合宿が終わったら取得したいスキルに必要なポイントを確認してレース量を調整しながら育成完了となります。

競技場での活躍

最後に育成したライスシャワーを競技場のマイルで使用してみました。

CLASS6でチーム評価17,000点前後の相手に10レース出走させた内

  • レースで1位を取った回数:4回
  • 固有スキルが発動した回数:7回
  • 獲得ポイントチーム内平均順位:5.2位(チーム内3番目)

といった感じで良い感じに活躍してくれました。

特に固有スキル発動率については発動しなかった3回はコーナーでモブに引っかかり一旦下位まで落ちてしまったのが2回、コーナーで1位になりそのまま勝ちきってしまったのが1回と事故なく最終直線まで入れれば安定の発動を見せてくれました。

ポイントも固有スキルの発動率の高さと安定して発動してくれるレアスキル4つで安定して3万点以上が期待できます。

10回程度ではもちろん偏りはあるかと思いますが今の所良い感じに活躍してくれていると思います。

ライスシャワーは思い入れのある方も多いと思いますので競技場であまり活躍してくれないといった場合は一度このマイル育成を試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、競技場で活躍させるためのライスシャワー育成論でした。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

2件のフィードバック

  1. 誠393 より:

    いつも記事を参考にさせて頂いてます
    グラスワンダーがまだ星2なのでこの記事を参考にして育成しようと思います!
    いい記事をいつも出して頂いてありがとうございます

    • sttty1022 より:

      ありがとうございます。
      グラスワンダーも固有スキルの条件が最終直線なので競技場で使用するならマイルがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。