【崩壊3rd】編成のポイント

自分が編成を組むときに意識していることをまとめてみました。

スポンサードリンク

1.どのクエストに挑むか

まずはどんなクエストのどんな敵に挑むかからです。

協力プレイ等の1キャラだけを使用する場合を除けば大きく分けると以下の2種類に分かれます。

深淵系

様々な種類の敵が複数出現するクエストです。

幅広いタイプの敵に対応出来るようなアタッカーといわゆるブラックホールという敵を一箇所に集められるサポーターを編成してあげると良いです。

記憶戦場系

特定のボスタイプの敵と戦闘するクエストです。

出現する敵に対して対策を取ったパーティを編成してあげる必要が有り、スコアアタックの場合は時空断裂を発動できるキャラを多く編成することで高スコアを狙いやすくなします。

どこにでも通用する万能編成も一部ありますが、基本的には敵に合わせて自分の手持ちと相談して編成を考えたほうが良いです。個人的にはそこが崩壊3rdの一番楽しいところだと思っているので

2.メインアタッカーを決めよう

挑む敵が決まったらまずはメインアタッカーを選びます。崩壊3rdのキャラはアタッカータイプとサポータータイプのキャラに大きく分けられます。それぞれのタイプを簡単に紹介します。

サポーターキャラ

まずはサポーターキャラから紹介します。サポーターキャラの中でもコントロールタイプと火力補助タイプに分けられます。

コントロールタイプ

敵の行動を制限してアタッカーの攻撃を当てやすくします。主にブラックホールと言われる敵を1箇所に集めるスキルや時空減速で敵の行動を遅らせることが出来るキャラとなります。状態異常が有効な敵であれば凍結や麻痺等を付与できるキャラも起用されます。

火力補助タイプ

物理・元素・全ダメージアップのスキルを持っている他に、脆弱や感電と言ったダメージアップのスキルを持っているキャラです。

上のキャラ以外にも元素サポーターに「鮮血の舞」を装備した大剣キャラが起用されることも多いです。

脆弱の効果量については過去以下の記事にて調べてみたことがあるので参考にしていただければと思います。

両方の役割を1キャラでこなせる聖女・彗星・神恩・雲墨といったキャラは非常に使い勝手が良いので優先して育成するのをおすすめします。

アタッカーキャラ

上記で紹介した様なサポート能力を持っていないキャラについては基本的にアタッカーとして使用します。

アタッカーはどの様なタイプのキャラなのかしっかり把握する必要があります。まずはキャラのスキル紹介をしっかり確認しましょう。

彼岸ゼーレの場合は必殺技の使用後が強化状態となりその間に倍率の高いチャージ攻撃を中心としてダメージを与えていくと言った特徴を読み取ることが出来ます。

また、以下のようなポイントを抑えてキャラの特徴を掴んであげると良いです。

生物・機械・異能・量子どのタイプか

まずは4種類どのタイプのキャラかです。同タイプ時のダメージに対して有利属性時は+30%、不利属性時は-30%最終ダメージが変化します。量子タイプは量子タイプの敵に対して+30%、それ以外は等倍と不利属性がないので非常に優秀なタイプとなっています。

物理ダメージキャラか元素ダメージキャラか

次に物理ダメージを与えるキャラなのか元素ダメージを与えるキャラなのかです。元素タイプは更に炎・氷・雷があるので相手する敵に相性が悪くないかも確認が必要となります。

また、物理キャラの場合は不利属性の敵に会心ダメージが出なくなるため元素キャラよりも不利属性の相手がしづらいので注意が必要です。

キャラのバフスキルを確認しよう

キャラの多くは特定の条件でダメージアップのスキルを持っているのでその条件を把握しておきましょう。特定の状態異常の敵に対してや、必殺技使用後、極限回避使用後などの条件があります。

キャラのどの行動がダメージソースとなるか

最後に前述のバフスキルを踏まえてキャラをどのように行動させるとダメージを稼ぐことが出来るか組み立てます。

キャラには出場から短時間でダメージを出すキャラだったり、ある程度長時間出場してダメージを与え続けるキャラなどがいます。

上で紹介した彼岸ゼーレの様に必殺技後の強化状態でダメージを与えたり、勿忘の様に溜めたゲージを消費してダメージを与えたりといった感じにキャラをどう動かすか組み立てておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

キャラの組み合わせを考えよう

キャラ組み合わせのポイント

メインアタッカーを決めたら次は一緒に編成するキャラを考えていきますが以下を意識して考えると良いと思います。

ブラックホールが必要か

複数敵が出現している場合は1度の攻撃で2体の敵を攻撃できれば実質2倍ダメージ、3体の敵を攻撃できれば実質3倍ダメージとなります。複数敵を1箇所に集められるブラックホールはどんなバフデバフよりも火力アップに貢献できる場合があります。

QTEを意識しよう

キャラ交代をQTEでつなげるとダメージアップの他、時空断裂が同時に発動する場合も多く、各種状態異常付与も含めて敵をコントロールしやすくなります。

キャラ自身の各種状態付与スキルの他、武器スキル等も駆使してなるべくQTEが発動する組み合わせにしてあげると戦闘を有利に進められます。

但し、QTEでキャラが出場するとその直前に出場していたキャラの再出場クールタイムが2倍になるのでアタッカーからサポーターに戻すときにQTEが発動してしまう場合は設定でQTEが発動しないようにするのも良いです。

アタッカーとサポーターの相性を考えよう

アタッカーには瞬間火力タイプと持続火力タイプのキャラがいるのでサポーターの火力補助等もアタッカーに合わせてあげる必要があります。

強力な補助については効果時間が設定されているので、アタッカーの火力を出せる攻撃が間に合わないと意味が無くなってしまいます。

アタッカーの出場時間が長い場合は待機時でも効果のある聖女、彗星、銀狼等の火力補助が使いやすいです。

以上を意識した上でアタッカーとサポーターの組み合わせについての2通りを紹介します。

アタッカー1サポーター2

基本となる形です。サポーター2人でアタッカーが火力を出せる状況を整えてあげ、アタッカーの火力を引き出します。

コントロールタイプと火力補助タイプのサポーターを組み合わせてあげるとバランス良く戦えます。

深淵系
サポーター1

神恩・雲墨・彗星・遊侠などのブラックホール持ちのサポーターがおすすめです。パーティの始動役となるので出場時間が長いです。

サポーター2

火力補助のできるサポーターや状態異常を付与できるキャラがおすすめです。QTEで出場し、アタッカーにもQTEで繋げられると良いです。

記憶戦場系
サポーター1

時空ロック・断裂を発動出来るキャラが向いています。月光・聖女・彗星・雲墨・熾鳶などのキャラがおすすめです。

サポーター2

ボスを相手にする場合は状態異常が無効な場合が多いので純粋にアタッカーの火力補助ができるキャラが起用される場合が多いです。物理パーティの場合はQTEで出場する神恩や元素パーティの場合は鬼鎧や鮮血の舞装備の大剣キャラなど効果時間は短いですが強力なバフデバフを持ったキャラが起用されます。

アタッカー2サポーター1

神恩・彗星・雲墨などの強力なサポーター1人にサポートを任せ、メインアタッカーの他にサブアタッカーを配置してダメージを稼ぎます。

どんなにサポートを整えてもダメージソースが無ければ意味がありませんので、装備の整っていない方などはこちらの編成の方がダメージが出せるかもしれません。

深淵系
サポーター

神恩・雲墨・彗星など敵を集めつつ火力を補助できるキャラがおすすめです。

サブアタッカー

メインアタッカーの不利属性に有利を取れるアタッカーキャラがおすすめです。特に物理アタッカーの場合不利属性には会心ダメージが出ないのでダメージが与えづらいので複数の属性が出現するクエストではサブアタッカーの配置が効果的な場合があります。

記憶戦場系
サポーター

待機中の時間が長くなりがちなので、待機時でも火力補助を行える彗星・銀狼・聖女などのキャラがおすすめです。

サブアタッカー

基本的にはメインアタッカー含めて瞬間火力型のキャラを2人編成する形がおすすめです。物理アタッカーの場合は天穹などのシールド破壊能力の高いキャラを起用してシールドを破壊、メインアタッカーの必殺技につなぐと言った運用が出来ます。

キャラの装備を整えよう

使用するキャラが決まったら装備を整えてあげましょう。装備選択時のポイントとしては以下の内容があります。

ダメージ計算について

崩壊3rdのダメージ計算は


与ダメージ

= キャラ攻撃ステータス × 攻撃行動のダメージ倍率

× 物理(元素)ダメージバフ【100%+物理(元素)ダメージ+〇〇%の合計

× 全ダメージバフ【100%+全ダメージ+〇〇%の合計

× 物理(元素)ダメージデバフ【100%+敵が受ける(物理)元素ダメージ+〇〇%の合計

× 全ダメージデバフ【100%+敵が受ける全ダメージ+〇〇%の合計

×会心ダメージバフ【200%+会心ダメージ+〇〇%の合計】※会心時


という計算で算出されますので、各ダメージアップ要素はバランス良く組み合わせたほうが最終ダメージは伸びるようになっています。

また物理ダメージの場合、物理ダメージ+25%と会心ダメージ+50%で実際に与える会心ダメージは同じとなります。会心ダメージアップはここに会心率という不安定要素も関わってきますので、基本的に会心ダメージアップという装備の優先度は低めです。高い会心率が確保できる状況かつ他のダメージアップ要素が十分な場合に選択してあげましょう。

聖痕3箇所の装備を考える場合、デバフ枠装備はあまり多くないので物理(元素)ダメアップの装備と全ダメアップ装備のバランスを考えてあげることになるかと思います。

上記の計算にはキャラの装備の他、キャラ自身のスキル、他キャラの装備・スキル効果、深淵のエリア効果など多くの要素が合算されるので非常に複雑な計算となります。

簡単な考え方としては全ダメアップは物理(元素)ダメアップに比べて控えめな性能となっていることが多いので、物理(元素)ダメアップを2箇所、全ダメアップを1箇所に装備を基本としてあげると良いかと思います。

スキルの条件を把握しよう

装備やキャラのスキルには発動条件が設定されているものが多くあります。それぞれの条件をクリアできる編成にしてあげないと意味がなくなってしまいますので条件はしっかり確認しておきましょう。以下代表的な条件のポイントを紹介します。

時間制限

特にサポーターに装備させる場合に意識しましょう。有名なところではニュートンBがあります。効果は貴重な全ダメデバフが+31%と非常に強力ですが効果時間が5秒しか有りません。持続型のアタッカーをサポートする場合に装備させてもあまり意味がないので出場してすぐに火力を出せるアタッカーと組み合わせてあげる必要があります。

また、多くは同時に再発動のクールタイムが設定されているので再出場時にクールタイムが終了しているかも意識してあげる必要があります。

コンボ数

パーティ全体のコンボ数で効果を発揮します。初心者向け☆3聖痕の代表であるアッティラ等が該当します。

キャラ単体ではなくパーティ全体でコンボを稼げれば良いので、サポーターとして編成しているブローニャにレーザーを装備させてコンボ数を稼ぐなどしてヒット数の少ないキャラでも条件を達成することが出来ます。

反面、キャラ回しに極限回避などを条件として組み込む場合、敵の行動に左右されてコンボが途切れてしまいがちなので注意が必要です。

状態異常

テスラやクレオパトラなど敵が状態異常時に効果を発揮します。

他聖痕に比べて非常に高い効果量を持っていますがボスには状態異常が無効な場合も多く、状態異常も効果時間が短いものが多いので同時に時空減速を付与して効果時間を延長させるなど運用には工夫が必要となります。

特定行動

必殺技などを使用すると発動したり、特定の行動のみ効果が発動するスキルです。

プランクCなどの【通常攻撃(分岐とチャージを含む)】という条件のスキルは必殺技、爆発攻撃、QTE、武器スキルなどには効果が乗らないので注意が必要です。

キャラのダメージソースとなる行動と噛み合っているか、必殺技の条件等がクリアできるクエストかなどの確認、調整を行ってあげる必要があります。

同じキャラでも初期EPが0の記憶戦場系と初期EPが高い深淵系とでは相性の良い装備が変わってきますのでしっかりと吟味しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最後に

編成が固まったら実際に使用しています。

実際に各種バフ等の効果が出ているかダメージの数字等を確認しながら試してみましょう。崩壊3rdはアクションゲームなのでここまではあくまで下準備、実際に自分が考えたとおりにキャラを動かせるかも大事な要素となっています。

うまく働かないと感じたら装備等を調整してトライ&エラーを繰り返し自分なりのベストな編成を見つけましょう。

自分はプレイ初期からお世話になっている勿忘が思い入れあって好きなのでこんな編成で深淵登ったりしています。まずは条件の緩めな装備で確認して、ダメージの伸びやすい行動に合わせてキャラ・装備を調整してあげると良いかと思います。

 

以上、自分が編成を組むときのポイント紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。