;

【崩壊3rd】マシュマロ相談回答 11月12日~11月18日分

毎週金曜日の生放送内で回答しているマシュマロ回答のまとめです。

スポンサードリンク

相談ある方はこちらからどうぞ

ブラックカードについては50回天井しか保証がない状態で使うのが最も効果的なのでピンポイントで引く他にそれ以外2ヶ所を引いて泉という選択肢もある聖痕よりも武器に使用するのが基本的におすすめです。

特に浄罪七雷の時のように武器のみ新規追加で同時ピックアップの聖痕は既存という場合が最もおすすめです。

セザンヌについてはグレーシュに装備させる場合はBを含む2セット以上が基本となりB単体では必殺技時に効果を発動させることができないのでおすすめできないですね。最低限1枚取得している状態から2セット以上で運用できるように足りないところをブラックカードで交換するほうが良いです。


製造であればG1聖痕のエカチェリーナが簡単に製造できて優秀なのでおすすめです。

製造以外で入手が容易な聖痕だと作戦工房等で交換できるダンテも回避スキルを自身で発動できるキャラと相性が良いので汎用性も高くおすすめです。


今様は通常攻撃の最終段がダメージ倍率が高いのでそれを回避でキャンセルして出さないようにしてあげると良いと思います。

極限回避からヒット数の多い5段目の連撃を出したり、ダメージ倍率の低い3段目までを繰り返したりすると良いです。後は物理キャラなので会心が出ないことをお祈りする感じで達成できると思います。


試した感じは頑張ればクリアできなくは無いかもしれませんがお試しキャラでは辛い感じでしたね。

お試しキャラは装備されている聖痕が合っていないキャラがほとんどなので自身のキャラの装備が整ってから挑戦するのが良いと思います。


月魄を持っていないのであればダンテを揃えるメリットは無いのでツルゲーネフとアナを交換するのが良いと思います。

G3聖痕を持っていればG4聖痕の製造にかかる時間は半分以下になると思います。


モチーフ武器が無い場合の天元デュランダルは超変エネルギーの回復手段が回避スキルぐらいしか無いので

QTE
>チャージ攻撃
>武器スキル
>形態切替
>チャージ攻撃
>EPがあれば必殺技

くらいしか基本的にダメージを出せるコンボができないです。

10秒程度しか効率よくダメージを出すことができないので15秒ある識の律者のサポート時間等は持て余しがちになりますね。


ニュクスは必殺技発動中に敵が氷ダメージを多く受けるとチャージ攻撃の使用回数が増えるので必殺技+武器スキルでヒット数を大きく稼ぐことができるハッカーバニーの重要度が他のキャラに比べて高いです。

そのため各氷サポートキャラは

・ハッカーバニー:ニュクスの必殺技発動後のチャージ攻撃回数を伸ばせる
・フェリス:必殺技に必要なEPをサポートできる
・李素裳:時空断裂でQTEに繋がりやすくなる

と言った感じで一長一短です。挑戦するコンテンツによって適宜入れ替えながらサポートは使用していくことになるのではないかと思われます。

EPに余裕がある場合はハッカーバニー+李素裳、余裕が無い場合はハッカーバニー+フェリス、短期決戦の場合はフェリス+李素裳といった運用になりそうです。


高圧挑戦については過去にキャラ実装時に行われていたイベントが常設されたものなので過去にクリア済みです。

最高難易度はある程度モチーフ装備等が揃っていないとクリアが難しいくらいの難易度に調整されていますね。


リンネは3セットスキルが常時全だめ40%に加えて召喚物の数などで更に追加効果が発動するのでメビウスの場合常時全ダメ+60%くらいの効果が期待できる非常に優秀な効果です。

その3セットスキルが活用できない場合はヘンデル3セットのほうが効果が上になります。

リンネ3セット、ゼノン3セット、EP120以上消費のヘンデル3セットはいずれもほぼ同等の最大効果となります。


雲墨丹心はモチーフ武器スキルと種類の違う分岐攻撃を交互に使用することで効率よくEPを溜められます。

ワタリガラスはチャージ攻撃から通常攻撃5段目を3連続で使用するとEPを効率よく溜められます。

以上を踏まえて

  1. 雲墨丹心:武器スキル>分岐攻撃でEP125以上まで溜める
  2. ワタリガラス:チャージ攻撃から通常攻撃5段めでEPを溜めて必殺技
  3. 雲墨丹心:必殺技
  4. メインアタッカー出場

という流れが炎パーティの基本です。ワタリガラスの必殺技サポート継続時間が18秒、雲墨丹心が15秒なのでワタリガラス>雲墨丹心の順で必殺技の使用は心がけましょう。

薪炎の律者にQTEで繋げる場合は雲墨丹心の1度目出場時に印を溜めた状態で退場し、ワタリガラスが必殺技後に武器スキル、雲墨丹心が必殺技後に分岐攻撃を追加することでQTEでつながるようになると思います。

また雲墨丹心のCに武器スキルクールタイム短縮スキルを持つ聖痕を装備させると2度めの出場時にも武器スキルが使用できてEP効率が良くなったりするのでおすすめです。


基本的にサポート時間内に収めたほうが強いですね。確かにサポート効果が切れてからも攻撃を続けることで人の律者の必殺技1回あたりの合計ダメージは伸びるかもしれませんが、サポートが切れた状態で攻撃することは時間あたりのダメージ効率が悪くなってしまします。

こちらは雷の律者の解説の際に使用した画像ですが上がそのまま攻撃を続けた場合、下が早めに切り上げた場合と思ってもらえればと思います。極端な例にはなりますが考え方としては同じです。

もちろんここにEP効率なども絡んできますが基本的には早めに切り上げたほうがスコアアタック等では有利とされていますね。


QTEは一度発動可能状態に入ると待受状態が終了するまでは条件を再度満たしても待受状態の延長はできない仕様があります。

そのため今回の流れだと李素裳の必殺技の時点で人の律者のQTEが使用可能となっており、その待受状態が終了する前にフェリスが必殺技を使用しているため人の律者が出場するタイミングでは李素裳の必殺技で発動可能になっていたQTEの待受状態が終了してしまっているためと思われます。

フェリスのQTEをオフに設定したり、李素裳必殺技とフェリス必殺技の間を少し開けてあげる、予め凍結ゲージをある程度貯めておいてフェリスの必殺技で必ず凍結を付与するなど工夫してあげることでQTEがつながるようになると思います。


お薬出しておきますねー。YESロリータNOタッチ


識の律者の最大の役割は脆弱付与なのでその代用ができるのは神恩頌歌か聖女が基本となります。

識の律者や神恩頌歌の必殺技で付与できる防御力-75%の効果はコンテンツにも依りますが超弦空間などではダメージが1.5~2倍ほどダメージが変わってきたりもします。

一方でダメージの伸びは敵の防御ステータス依存のため記憶戦場SSなど敵の耐久力が低いコンテンツではダメージの伸びが低くなります。この場合は脆弱サポーターは必須ではなくなってきたりもするのでその場合はグレーシュ+キャロルのサポートでも十分戦えると思います。


G4聖痕に関してはG3以下がそうであったように今後既に実装済みのガチャ産聖痕等が追加されていく可能性は十分考えられます。

未来のために素材を残しておくかレートが悪くてもエーテルに交換してしまって今を少し楽にするかはその方のプレイスタイル次第といったところですね。

他の素材の分解については主に星石への変換かと思いますがこちらは確実に言えるところではG1聖痕を製造しなくても良くなっているのであれば天命・虚数核心については変換してしまってもいいかなと思います。逆にそれ以外の素材は使用する可能性が考えられるので基本的に星石への変換はしないほうが良いと思います。


おそらく異能アタッカーはある程度揃っているという状態かと思われるのでその場合は異能キャラが苦手な生物タイプに有利が取れる機械アタッカーを優先したほうがバランスは取れるかと思います。

累計消費ショップや火力補給がメビウスの直前に追加されたエリシアのモチーフ装備まで今回は並んだので次回以降ではメビウスのモチーフ装備もラインナップに入る可能性が高いです。そのため今後はメビウスの装備は比較的揃えやすい環境になってくると思われます。

一方でメビウスは実装から1年経ったキャラ、アポニアはまだ半年なのでメビウスのほうが先に上位互換のキャラが来てしまう可能性は高くなるのでそのあたりも含めてどう考えるかになってきますね。


メインアタッカーの装備一式と最適サポーターキャラは揃っているので現在の状態でもエンドコンテンツは十分戦える戦力が揃っていると言えます。まずはキャラの使い方をもう一度見直してみると良いかなと思います。

①雲墨にツルゲーネフ、アスラウグは継続時間が噛み合わないのでいまいちですね。雲墨丹心はフカ衛戍以外の聖痕は扱いづらい性能ですが自身のスキルのみでも十分サポート効果は付与できるので余裕がなければ衛戍は製造まではしなくてもいいかなと思います。

②パガニーニはチャージ攻撃で発動する2セットスキルが非常に優秀なので装備が揃うまではキャロルを編成したほうが良いかもしれませんね。

③交換するのであればアナくらいで十分かなと思います。超限素材は金属水素との兼ね合いもあるのでそちらが足りるようであればトカマクに交換するのも有りですね。


聖痕共鳴は祈りの泉や凝集・空間レンズの交換にも使用するのでその分が十分確保できているようであれば置換空間を利用しても良いと思います。

エリシアはディラックの純粋な上位互換聖痕ではなく相性の良いキャラが変わるところだけ素材にする際は注意してください。


シェイクスピア・漂流で最も大事なのはBです。スターアンカーは1度の出場で必殺技を7回使用するのが基本なのでEPが21も回復します。

ラグナTを持っているのであればスターアンカーとの相性は悪くないのでシェイクスピア・漂流はCBを交換して組み合わせて使用してあげると良いかなと思います。


恐らく黒淵白花を使用してしまっていると思われます。

ランスの中では唯一黒淵白花のみ反撃以外で投げ技が使用できないので、それ以外のランスを使用すればそれほど苦戦せずにクリア可能になると思います。


モチーフ超限武器がある場合必殺技クールタイム短縮は不要なので専用刻印は火力重視で「隠爪」&「猫目」の組み合わせがおすすめです。

以降は螺旋や戒律の専用刻印を中心に集めていけば十分な火力が確保できると思います。

戦闘に関しては必殺技から分岐>武器スキル>分岐>特殊攻撃を3セット繰り返してからまた必殺技と使用していくだけで良いです。


桜火輪舞曲は元々アタッカータイプのキャラでしたがそこまで優秀と言える性能ではなかったためあまり活躍できていませんでした。

使用率が上がったのはモチーフ超限武器の桜花の救済が追加されてからでアタッカーとしてではなく武器スキルによる炎サポートとして活躍しました。しかしその後ワタリガラスやフェリスといった超限武器が無くてもサポート可能なキャラが増えたことにより現在はまたあまり使用されなくなってきましたね。

差別化としては桜花の武器スキルや必殺技で燃焼付与が得意なので炎アタッカーのQTEに繋げやすいところですね。


人形が本領発揮できるのはエンドコンテンツでスコアアタックを行うようになってからなのでおすすめはニュクスのキャラ取得かなと思います。

ニュクスも実装から1年半ほどたったキャラなので今後は作戦工房等で装備を揃えられるようになるのが期待できます。ガチャ以外で装備を揃えてあげれば量子環境ではまだまだ活躍が期待できると思います。


復刻周期は代替3ver.毎くらいの印象ですね。これからだと2月の周年のタイミングくらいまでには復刻が期待できるのではないかと思います。

物理パーティについては脆弱キャラを準備しておいたほうが良いのであと1枠は神恩か聖女を軸に考えてあげると良いかなと思います。


ニュクスで使用する場合の聖痕のみのダメージ倍率を比較するとヴェルヌが最大593%、柳七が339%です。

実際にはキャラ自身や武器、サポートキャラ等の効果とも合算となるのでここまでの差にはならないとは思いますがダメージには明確な差が出てくると思います。

氷アタッカーの中でもニュクスは特にモチーフ聖痕への依存度が高いキャラなので活躍させるのであればヴェルヌは3セット揃えてあげたいですね。


月蝕姫子は記憶戦場SSだと有利な相手に対して31500点くらいのスコアは狙えるポテンシャルはあります。SSSだと46000点台であればといったところですね。

現在使用するのであれば神の鍵武器である劫滅が必須となり編成難易度は高めです。スタースピーナが機械炎元素アタッカーとしてほぼ上位互換と言える性能のため最適アタッカーとして使われることは無くなりましたね。

使い方としてはチャージ攻撃がダメージソースとなりますが2回使用するとオーバーヒート状態となって使用できなくなるので必殺技を使って解除します。オーバーヒート状態中はEPも溜まらなくなるので必ずEP30以上を確保しながら戦っていきましょう。

 

以上、今週分の相談回答です。参考にしてみてください。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です