;

【崩壊3rd】李素裳「玉騎士・月痕」キャラ解説

ver.6.1で追加された新プレイアブルキャラ李素裳のキャラ解説です。

スポンサードリンク

はじめに

今回はver.6.1で満を持して登場した新キャラ李素裳『玉騎士・月痕』のキャラ解説です。

メインストーリーに登場して以来プレイアブル化を待ち望んでいた方も多かったと思いますがそんな李素裳をなるべく簡単に扱えるようにポイントを絞って解説していきます。

優秀なアタッカーが多い氷元素で今後活躍が期待できるキャラなので是非参考にしてみてください。

今回の解説はこのような内容で行っていきます。

まずはキャラの性能と基本となる使い方を紹介し、その後におすすめの装備やキャラ編成についてなども順番に解説していきます。

実際の戦闘の様子なども含めた動画でもまとめていますので、よろしければこちらも参考にしてみて下さい。

キャラ紹介

それではまずは雷の律者の基本的な特徴の紹介からです。雷の律者はこのような特徴を持つキャラとなるので順番に詳しく紹介していきます。

李素裳はこのような特徴を持つキャラです。

後ほど解説する基本運用にもつながってくる部分もあるのでこれから紹介する内容を覚えておいてください。

まず李素裳は異能タイプの氷元素キャラです。

この特徴は1つ前のver.で追加された人の律者と全く同じですが李素裳は純粋なアタッカータイプのキャラではなく、サポーター兼サブアタッカーといった性能を持っています。

人の律者とも一緒に編成することが想定されており、機械タイプの敵に対しては人の律者同様有利タイプとなるのでダメージサポートだけでなくサブアタッカーとしての火力も期待ができます。

もちろんそれ以外の氷元素アタッカーとの運用も可能なので様々なキャラと組み合わせて使用してみてください。

次に紹介するのは剣意というゲージを満タンにして攻撃ボタンを長押しすることで入ることができる剣陣モードについてです。

各種攻撃方法が大きく変わるこの形態以外では李素裳は基本的に戦わないので通常形態での戦い方は覚えなくても良いです。

なぜそのようなことになるかというとQTEが影響しています。

李素裳はQTEで出場するとそのまま剣意が全回復した状態で剣陣モードに入ることができます。

更にそのQTEは分岐、チャージ、必殺技で発動可能とこれまでの全キャラで最も発動しやすいと言える条件です。

基本的に出場は全てQTEでということが可能で通常形態で戦うことは無いので剣陣モードでの戦い方を中心に覚えていきましょう。

続いて紹介するのは李素裳の攻撃の中でも特にインパクトの大きい必殺技についてです。

必殺技は基本消費EPが150と全キャラ中最大で、さらにEPに余裕があれば25まで追加消費することで追加量に応じた必殺技のダメージアップとチーム全体へのダメージサポート効果が発動します。

李素裳の軸となる行動のためこの必殺技発動に必要なEPをどのようにして貯めていくかが使用する上でのポイントとなっていきますね。

必殺技を使用する上で手助けとなるのが少し特殊な初期EPアップスキルです。

このスキルは初期EP+120ではなく初期EPが120になるという効果のため注意が必要です。

各種リーダースキルや聖痕アボガドロの2セットスキルなど初期EPをプラスさせる効果は後から李素裳のスキルで上書きされるので効果がありません。出場時に発動するベートーヴェン等であればリーダーにしなければ有効とすることもできます。

基本的にはEP120からのスタートとなるのでそこから必殺技発動に必要な30から55のEPをどのようにして稼ぐかを李素裳の初動では意識していきましょう。

続いて李素裳の入手育成についてですが、新キャラでありながら戦場ショップにキャラカードやキャラの欠片が並んでいるため課金要素なしでも入手、キャラのランクアップが可能なキャラです。

そのため入手方法がガチャのみのキャラに比べてキャラのランクアップも重要になっているように感じます。

特にSS0ランクで大きく性能が変わると思います。

必殺技のダメージが大幅に伸び更に自身とチーム全体のシールド破壊性能を伸ばします。後ほど紹介するモチーフ聖痕にもシールドダメージアップの効果があるため李素裳を使用する場合はこのシールド破壊性能も1つ鍵となるような気がしますね。

実際今回のver.では超弦空間へ空の律者の追加が予告されています。

記憶戦場では氷、炎元素が有効なシールドを使用してくるため超弦空間でも李素裳によるシールドダメージのサポートが重要になってくると思われます。

更に、効果量こそ大きくないもののEP回復を増やすスキルやダメージアップに効果的な元素耐性貫通の効果量も増えるため李素裳を使用する方は日々戦場ショップでキャラの欠片を交換してまずはSS0を目標にキャラのランクアップを進めていきましょう。

キャラ紹介として最後に触れておきたいのは李素裳のコストパフォーマンスについてです。

李素裳のモチーフ装備ガチャは初回10連無料があるとはいえ、一式揃えるためには合計100連以上必要となることも珍しくない各装備50回天井の通常仕様の装備補給です。

試してみた限りではSランク、モチーフ一式装備の李素裳SSSランク、モチーフ装備一式のハッカーバニーとの差はそこまで大きくありませんでした。超弦空間ボス層でのスコア差が50点以内といった印象です。

これまでハッカーバニーを使用していた編成を李素裳に入れ替えることで確実に戦力強化には繋がりますが、最近は作戦工房等でハッカーバニーの強みであるモチーフ聖痕ツルゲーネフの入手が容易になっていることを考えると無課金、微課金でプレイしている方にはあまりお勧めしにくい部分もあるかなと言った印象です。

SSランクまでキャラランクを上げられればハッカーバニーとは明確な差が出てくると思うので今すぐエンドコンテンツで高スコアを狙いたいということでなければコツコツキャラランクを上げていってSSランクになる頃を目安に並行して装備を揃えていくというのも良いかと思います。

李素裳は氷元素特化のサポート性能となっているのでフェリスのように他の元素パーティへの出張ができるような性能でもないため、まだ手持ちのキャラが少ない初心者の方にもお勧めしにくいキャラかなと思います。

以上が李素裳の基本的なキャラの特徴紹介です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

基本運用

続いてここまでの内容を踏まえて基本運用について解説していきます。

基本運用について解説するにあたりまずは李素裳のチーム全体、自身のみそれぞれのダメージサポート効果から紹介していきます。

一覧にするとこの様になりますが全体的な効果量としては最近のキャラの中では控えめですね。

チーム全体へのサポートとしては必殺技で元素耐性貫通という優秀な効果を持っています。これは敵の元素耐性というステータス依存でダメージ上昇の効果量が変わりますが、S0ランクの李素裳の持つ元素耐性貫通+14%の場合は大体20%から30%くらいのダメージ上昇効果と考えていただければと思います。

必殺技発動時は元素耐性貫通といった効果でしっかりサポート可能ですが、逆に必殺技を使用しない場合のサポート効果は汎用性に乏しいためダメージサポートはほとんど期待できません

そのため李素裳は出場毎にしっかり必殺技を使用していくことが重要となり、先程紹介した最大で175にもなる必殺技に必要なEPをどのようにして稼ぐかが重要となります。

李素裳が自身で効率よくEPを稼ぐことが可能なのは剣陣モード中に必殺技ボタン3回からの通常攻撃ボタンで発動できる【回風万刃】のみです。

しかし、1回あたりの回復量は20のためそれだけでは必殺技発動に必要なEPの確保は難しいです。そのためモチーフ武器を含めたEP回復スキルを持つ各種腕甲武器が李素裳を運用する上では必須とも言えます。

それでも毎回必殺技を使用するにはEPが不足がちになるため一緒にSSランク以上のフェリスを編成するのも必須かなと思います。

編成については後ほど改めて紹介しますが李素裳を使用する場合は基本的に李素裳+フェリス+メインアタッカーの組み合わせがおすすめです。

以上を踏まえて毎回必殺技を使用してしっかりサポートするための基本コンボについて紹介します。

モチーフ武器である夜銜えの灯りが無い場合からです。

まずはQTEで出場することでそのまま剣陣モードに入ります。

そこから必殺技ボタンで【雷霆の鋭】を3回使用してから通常攻撃ボタンで【回風万刃】を発動させEPを貯めます。

これを2回繰り返したら必殺技を発動、攻撃ボタン長押しで【万剣帰心】を使用して〆ます。万剣帰心は発動後直ぐに次のキャラに交代可能なので上手く活用しましょう。

回風万刃は2回までにしておかないとS0ランクの場合、途中で剣陣モードが終了してしまうので注意しましょう。

以上がモチーフ武器以外の基本コンボです。

次にモチーフ武器がある場合ですが、この場合はQTE出場後に即武器スキルを使用することで最初の必殺技ボタン3回の準備が不要となり直ぐに万剣帰心を使用できるようになります。

以降は同じ流れとなりますが、モチーフ武器がある場合は武器スキルによるEP回復量も優秀なためEPに余裕がある場合は2回目の万剣帰心は省略して1回目のあと即必殺技に繋いでも良いです。

以上が李素裳の基本運用です。必殺技使用が重要なキャラなので都度使用していけるようにEP管理に気を付けながら上手く使用していきましょう。

おすすめ武器

続いてはおすすめ装備の紹介、まずは武器からです。武器に関してはEP回復効果を持つ武器が基本です。

モチーフ武器の夜銜えの灯りは武器スキル1回あたりのEP回復量が60と非常に大きく、更には先ほど紹介した通り武器スキルから回風万刃も直接発動できるようになるため立ち回りに大きく影響を与えます。

李素裳の性能を十分に活かすためには必須の武器と言えます。

超限前の状態でもEP回復と武器スキルから回風万刃を使用できる効果はLv50まで育成していれば変わらないので超限化は急がなくても大丈夫です。まずはメインアタッカーの武器から優先して強化してあげましょう。

モチーフ以外の武器の選択肢としてはまず雲墨丹心のモチーフ武器ですね。こちらは武器スキル1回あたり差し引き35EPが回復します。

EP回復効果は若干足りませんが全ダメージアップスキルによるサポートも可能です。

後はEP回復効果だけを考えれば識の律者のモチーフ武器も活用が可能です。

ダメージアップ効果は活かせませんが拂曇の手よりも武器スキルのクールタイムが短いため、キャラ交代の速度によってはこちらのほうが噛み合う可能性があります。

それ以外の武器についてはEP回復効果がないため李素裳を使用する上で必須となる必殺技が使用できなくなりあまりおすすめと言える装備はありません。

李素裳を使用するのであれば今回紹介した3つの武器の内どれか1つは必ず持っておきたいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ聖痕

次におすすめ聖痕についてこのような内容で紹介していきます。

チーム全体へのサポート効果自身の必殺技のダメージアップ効果それぞれの数値を計算しています。

また実際は元素耐性貫通によるダメージアップ効果が期待できますが、敵によって効果量が変わるため数値化が難しく聖痕選択には影響しないため今回は割愛しています。他キャラと比較する場合は合計倍率から+20%~30%くらいを想定していただければと思います。

まずは最適となるモチーフ聖痕『李素裳・神州憶剣』3セットです。

こちらは聖痕の元素ダメバフが+85%、元素ダメデバフが+37%と非常に数値が大きいです。一緒に組み合わせることの多いフェリスが全ダメのバフ、デバフを多く持つキャラなのでその辺りの相性も非常に良い聖痕セットです。

また3セットのシールドダメージアップ効果も重要となってくる可能性が高いので覚えておきましょう。

続いてモチーフ聖痕が1ヶ所足りない場合の代用例を紹介します。

Tが足りない場合は簡単に製造できるテレサ・暴食を組み合わせるのがおすすめです。

李素裳は待機中でも出場キャラの攻撃に連動して自身の攻撃扱いのダメージを発生させられるスキルを持つため暴食、葉采章、ツルゲーネフ、水着C、ニュートンBといった装備キャラの攻撃に連動して効果が発動するスキルを待機状態のままでも簡単に発動可能です。

Cを代用する場合はG2製造聖痕の葉采章がおすすめです。

モチーフのCは通常と分岐攻撃条件のため必殺技に効果が乗らないので、李素裳自身の必殺技ダメージはCに葉采章を使用してもあまり差の出ないダメージを出すことが可能です。

Bが足りない場合は控えからも発動できるニュートンがおすすめですが、モチーフ聖痕のサポート効果はBが最も重要なのでできれば最優先で確保したいですね。

次にモチーフ聖痕を使用しない場合の編成例です。

待機状態でもダメージを発生させられるのを活かして代用としてはツルゲーネフを軸にするのがおすすめです。

最大効果はモチーフ聖痕に引けを取らない性能ですが、各スキルがクールタイムに引っかかってしまうため
アタッカーのダメージソースに上手く噛み合わないとダメージが伸び悩む可能性はありますね。

製造聖痕のみで組み合わせる場合はフカ・衛戍と葉采章を組み合わせてあげると良いと思います。

ただし製造可能なサポート聖痕はあまり強力ではないのでできればこれまでに紹介した聖痕セットを使用してあげたいです。

続いて李素裳をメインアタッカーで使用したい方の参考用に李素裳自身のダメージを伸ばせる聖痕の紹介です。

おすすめはまず新生の銀翼3セットです。

最大効果の条件がQTE、分岐、必殺技なので李素裳の基本立ち回りとの相性も良いです。

後は今ver.で追加された氷G4聖痕の柳七も悪くないです。

チャージ攻撃が使用できないため最大効果には届きませんが他キャラと使いまわしが効く汎用性が魅力ですね。

星3聖痕を使用する場合は多少のサポート効果を持つ聖痕を無理に使用するよりも、スコットで少しでも自身のダメージを伸ばしてあげたほうが良いかなと思います。

ここまで紹介した聖痕セットの比較です。

上手く使いこなせばツルゲーネフでもモチーフ聖痕並みの活躍は可能かもしれませんが、ツルゲーネフを使用する場合はハッカーバニーの方が聖痕の性能を十分活かすことができるため、より差別化が難しくなると思います。

李素裳の強みを活かすのであればやはりモチーフ聖痕一式も揃えてあげたいところですね。

以上がおすすめ聖痕セットの紹介です。

キャラ編成

最後に李素裳を使用するおすすめのキャラ編成について紹介します。

まずは李素裳とフェリスでメインアタッカーをサポートする編成です。

今回は例として人の律者を使用していますがそれ以外のアタッカーの場合も基本的には同様です。

キャラ交代はフェリス>李素裳>フェリス>メインアタッカーの順番で使用していくとメインアタッカーにしっかりとダメージサポートを引き継ぐことが可能です。

李素裳をサポートとして使用する編成はほかアタッカーでも同じなのでもう1つ編成例として紹介したいのは
メインアタッカーキャラを採用せずサポーターながら自身のダメージも優秀な李素裳とフェリスをダブルアタッカーとして考えサポートとしてハッカーバニーを採用する編成です。

興味のある方はぜひ一度試してみて欲しいのですがこのパーティ予想以上に優秀でした。

メインアタッカーと組み合わせた場合、李素裳やフェリス自身の攻撃にはダメージサポートがあまり乗らないことが多くなりがちですが、この編成の場合相互にサポートしつつ更にハッカーバニーのサポートも常時効いてくるので継続火力が非常に優秀です。

メインアタッカーのEP管理が不要な分扱いもしやすくエンドコンテンツでも十分通用するポテンシャルを見せるので是非試してみてください。

 

今回のキャラ解説は以上となります。

十分な性能を発揮するにはキャラランク、装備等少しハードルの高いキャラではありますが、戦場ショップ等でキャラの欠片を集めて強化が可能な伸びしろのあるキャラなので今回の解説を参考にぜひ使用してみてください。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です