;

【崩壊3rd】エデン「黄金・光耀の歌」キャラ解説

ver.5.7で追加されたSPキャラエデンのキャラ解説です。

スポンサードリンク

はじめに

エデン「黄金・光耀の歌」は前ver.に引き続いてのSPキャラ追加ということでキャラの欠片集めの優先度をどの様にしたら良いか迷っている方も多いと思うので今回の解説を参考にしてみてもらえればと思います。

解説はこのような順番で行っていきます。

先に述べておくとエデンは雷元素のサポートキャラとしての活躍が期待できます。優秀なライバルが非常に多い役割でもあるので他キャラと比較しての差別化なども交えながら解説していこうと思います。

動画にもまとめていますので、よろしければこちらも参考にしてみて下さい。

キャラ紹介

それではまずエデンの基本的な特徴紹介からです。エデンはこのような特徴を持っているキャラなので順番に詳しく解説していきます。

まずエデンは虚数タイプの雷元素サポーターキャラです。

雷元素のサポーターは優秀なキャラが多く、現在複数のキャラが活躍しているので後ほど詳しく各キャラとの比較については解説します。

また、エデンは4人目となる虚数タイプのキャラです。虚数タイプの純アタッカーキャラは現在天元のパラディンのみのため、天元が使用できない場合は虚数サポーターを加えた各種編成で虚数敵には挑むことになります。

雷タイプのアタッカーを使用して虚数敵に挑む場合はエデンを一緒に編成しましょう。

続いてエデンの使い方に関する特徴です。

エデンは楽譜ゲージを溜めてから分岐攻撃を行うことで効率良くダメージを与えたり様々な効果を発動することができます。

楽譜ゲージの音符はこのような行動で溜められますが、基本はモチーフ武器装備時のQTEか必殺技で
一気に満タンまで溜めましょう。

そこから分岐攻撃の重奏を使用することで各種効果を最大限活かすことができます。

通常時の重奏は攻撃ボタン長押しで発動してからタイミング良く攻撃ボタンを離すことで大合奏を発動して
更に各種追加効果を発動できます。

大合奏のタイミングは下の音符が減って無くなるタイミングで攻撃ボタンを離すようにすると簡単です。

必殺技使用後の場合は攻撃ボタンを連打するだけで大合奏まで発動できます。

キャラランクがSS以上の場合、必殺技使用後最初の大合奏のみ時空断裂を発動できるので時空減速が条件の次キャラにQTEでつなげることができます。

音符は通常攻撃で溜めると効率が悪くなるのでQTEと必殺技で溜めるのを基本にしましょう。

エデンの特徴紹介ラストは豊富な麻痺付与手段についてです。

エデンはこの様に各種攻撃で麻痺蓄積値を溜めて麻痺を付与することが可能です。各手段の麻痺蓄積値も高いので容易に麻痺状態にすることができます。

更にキャラランクがSSSになると麻痺関連のスキルが2つ追加されます。

麻痺蓄積値が増えて更に麻痺状態付与が容易になると共に、麻痺状態時に全ダメデバフが最大で+20%付与されるようになります。ニュートンBと同じ枠の効果となるのでかなり強力な効果です。

この強力なスキルがSSSで開放されるため、エデンは他のSPキャラに比べてSSSの重要度はかなり高いキャラになると思います。

以上がエデンの主な特徴の紹介です。続いてこの特徴を踏まえてエデンのサポート能力について解説します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サポート性能

エデンのサポート性能解説まずはダメージアップスキルからです。ダメージアップ効果はこの3つのスキルがあります。

分岐攻撃で発動する2つのスキルは、先程紹介した楽譜ゲージを満タンまで溜めてからの大合奏まで使用すればいずれも効果は発動しています。継続時間も20秒あるので使いやすい優秀な効果です。

残り1つはSSSランクで開放される麻痺時のダメージアップスキルです。エデンだけでなくチーム内の誰が麻痺を付与しても発動し、ダメージ計算上非常に強力な全ダメデバフの効果なのでエデンのサポート効果を十分に活かしたい場合はキャラランクをSSSまで上げるのも重要となってきますね。

QTEや必殺技から大合奏を行うことで麻痺蓄積値も十分溜められるので、サポート運用時のエデンはこの動きを基本として使用していきましょう。

次にダメージアップ以外のサポートスキルについてです。

エデンは2つのチーム全体に影響するEPサポートスキルを持っています。こちらも必殺技と大合奏が発動条件となっているのでダメージアップスキルと合わせて発動可能です。

またエデンは自身のEP回復スキルも非常に多く持っています。特に待機中のEP回復スキルが非常に強力で再出場時にはEP100以上になっていることがほとんどなのでQTEからの大合奏を1度行えばほぼ毎回必殺技が使用可能です。

このような各種スキルを上手く活かすために、エデンは出場時毎回必殺技を使用する運用を心がけていくことで自身のダメージ、チーム全体のサポートとも効率良くなっていきます。

以上のようなエデンのサポート性能を続いて他の雷元素サポートキャラと比較していきます。

エデンと他雷サポートの比較はこの様になります。他にも雲墨丹心や鬼角装備の聖女が使われることもありますが、使用場面が限定的になるので今回は割愛しています。

この4キャラの中で鬼鎧は少し違った運用となり、主に記憶戦場の短期決戦特化のサポートです。雷ダメデバフの効果量が非常に優秀な感電効果の継続時間が6秒と短いため、同じく継続時間が短い代わりに効果が優秀な葉采章やニュートンBと組み合わせて使用します。

鬼鎧以外の3キャラについてはダメージアップサポートの性能はかなり拮抗しています。

エデンはSSSの麻痺付与時のダメージアップがないとフィッシュルとローズマリーにダメージアップ最大値は負けてしまいます。

フィッシュルは雷デバフはQTEで簡単に付与できますが雷バフは必殺技が条件となっています。

ロストローズマリーはダメージアップ効果量こそ代わりませんが、ダメージアップ発動手順の複雑さを考えると鬼鎧同様ほぼモチーフ超限武器が必須となる、と言った具合でそれぞれのキャラが一長一短です。

そのため鬼鎧以外はダメージサポートとは別の要素で誰を編成するか判断すると良いです。

エデンは先程紹介した味方全体のEPを回復させる効果も優秀です。

フィッシュルは召喚物としてオズを残すことができ、ダメージはそこそこですがヒット数が非常に多いので
各種ギミックの攻略に有効的です。

ロストローズマリーは量子タイプということで必殺技で重ね合わせを破壊できるため、雷パーティで量子敵に挑む場合に重宝します。

また、3キャラはそれぞれ相性の良い聖痕も変わってくるので手持ちの聖痕と相性の良いキャラを優先して採用するのも良いと思います。

キャラランク、聖痕がすべて揃っている場合は強力な聖痕であるヘンデルと貞儀それぞれの最大効果を発揮できるエデンとフィッシュルの2キャラをサポートとして編成するのが今後の雷パーティでの基本になってくると思います。

エデンは最大ポテンシャルは雷元素サポートの中でもトップになると思いますが、キャラランクがSSSとモチーフ聖痕であるヘンデル3セットが無いと他キャラに比べて劣る部分も出てくるキャラではないかと思います。

以上がエデンのサポート性能の解説と他キャラとの比較です。続いてエデンと相性の良い装備を紹介していきます。

おすすめ武器

エデンの最適武器はもちろんモチーフ武器である往昔の楽章です。

サポート向きのダメージアップ効果もありますが、最大の長所はやはりQTE出場時に音符が満タンまで
溜まる
ようになるところですね。

QTE無しでも出場毎に必殺技が使用できるようになれば影響は少なくなりますが、EPが溜まるまでの序盤は
特にエデンの立ち回りに影響しやすくなります。

様々なコンテンツでエデンを使用するのであれば入手しておくと良い武器です。

エデンのおすすめ装備紹介まずは武器からです。

他にエデンにおすすめの武器としては武器製造で準備できる渡世の難があります。こちらは武器スキルで麻痺蓄積値を溜めると共に雷ダメデバフを付与できます。

注意点としては武器スキルが2段階タイプで2回めでサポート効果を付与できるので少し時間がかかってしまうところですね。

他に代用武器の候補としては超限武器の陽電子ハンドキャノンです。

エデンのキャラランクがSSSになっていれば2回使用できる武器スキルで敵を麻痺状態にしてダメージアップスキルを発動できます。

超限前のスキルは性能が全く違うので月光用に作った超限武器が余っていればといったところですね。

最後に紹介するのはサポート用ではなく古の楽園でエデンをアタッカーとして使用する場合のおすすめ武器です。

その場合QTEに関するスキルは不要となるので、攻撃ステータスの高さと全ダメアップのパッシブスキルを
活かすことができる薪炎の律者のモチーフ超限武器である炎空の境を使用してあげると良いと思います。

以上がエデンのおすすめ武器の紹介です。基本的にはモチーフ武器か製造できる渡世の難を使用すると良いと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ聖痕

次にエデンのおすすめ聖痕を紹介しますが、エデンは雷元素サポートのキャラのためチーム全体へのサポート効果と自身のダメージアップ効果それぞれを比較していきます。

キャラランクSSSでモチーフ武器を装備した場合、聖痕の効果を除いた各種ダメージアップ効果はこの様になります。ここに聖痕スキルの効果を合算して比較していきます。

エデンの最適聖痕はモチーフのヘンデル3セットです。

ヘンデルTのサポート効果は断罪状態のアポニアくらいにしか適用させることができませんが、エデンが装備した場合は3セット効果の最大値を発揮できるのでアポニア以外のアタッカーでも十分実用可能なサポート効果を発揮できます。

更にエデン自身のダメージアップ効果が特定キャラ専用のアタッカー聖痕であるゼノンやリンネ並の効果となるので、サポートだけでなくエデンがサブアタッカーとしてしっかりダメージを稼いでいくことも可能です。

サポートとエデンのダメージを両立できる聖痕はヘンデルが唯一となるので聖痕製造の手間は膨大ですが最終的にはこのヘンデル3セットを揃えてあげるようにしましょう。

モチーフ聖痕以外の選択肢としてはサポート特化の編成で万能元素サポート聖痕のツルゲーネフをTBに使用し、Cにテスラバンドを組み合わせる編成が候補になると思います。

この場合エデン自身のダメージはあまり期待できなくなるのでサポート特化と割り切って使用するようにしましょう。

後は同様にTBにアイリーン・アドラーを使用するのが候補になってくるかなと思います。

誘惑状態の発動条件はチャージか必殺技となっており、分岐攻撃キャラのエデンとは合わないように感じますがエデンは必殺技の使用頻度が非常に多いので安定してサポート効果は発動可能です。

星3聖痕を使用する場合はまともなサポート聖痕がないので基本はエデン自身のダメージアップを狙ってエジソン3セットの使用が基本となりますね。

最後にここまで紹介した聖痕の比較です。

ヘンデルはアポニア以外をサポートした場合の数値で、アポニアサポートの場合はツルゲーネフを使用した場合とほぼ同じサポート効果と考えてください。

サポート効果で見ればモチーフ聖痕以外でも十分代用可能ですが、エデン自身のダメージについては2倍程の差が出ます。

貞儀TBを使用すればエデン自身のダメージは確保できますが今度はサポート効果が減ってしまいますし、そもそも貞儀を使用するのであればフィッシュルに装備させたほうが良いのでエデンの性能をしっかり発揮させたいのであればやはりモチーフであるヘンデル3セットへの依存度はかなり高いと思います。

幸い時間こそかかりますが聖痕製造で揃えることが可能なのでエデンを活躍させたい場合はヘンデル3セットを揃えるように頑張りましょう。

以上がおすすめ聖痕の紹介です。

キャラ編成

最後にエデンを使用する場合のキャラ編成を紹介します。キャラ編成については現在雷元素のトップアタッカーであるアポニア、メビウス、雷の律者をそれぞれサポートする場合について編成を順番に紹介します。

アポニアは一緒に実装されたキャラということもあり、エデンとの同時運用を想定された性能であるため
相性が最も良いアタッカーです。

エデンとフィッシュルそれぞれが自身のダメージアップも優秀な聖痕を装備できるのでアポニアが断罪状態中でも効率よくダメージを稼いでいくことができます。

次に紹介するのはメビウスを使用する編成です。

リーダーを鬼鎧にすることでエデン、メビウスともにすぐ必殺技が使用可能となるので記憶戦場等の短期決戦で活躍が期待できます。

メビウスは必殺技使用後の強化状態でないとダメージを伸ばすことができないので、EPサポートを持つエデンとの相性も良いです。

続いては雷の律者と一緒に使用する場合の編成例です。

雷の律者と使用する場合の注意点としては、ヘンデル3セットを雷の律者に装備させたほうが良いということです。

ヘンデルはベナレスに代わって新たな雷の律者の最適聖痕となり、ヘンデルのサポート効果はパーティ内2キャラに装備しても1キャラ分しか発動しないのでメインアタッカーとして活躍する雷の律者にヘンデルは回してあげるようにしましょう。

そのためエデンはサポート特化のツルゲーネフなどを装備させるのが基本になってくるかと思います。

最適聖痕が競合してしまう点から、アポニアやメビウスに比べるとエデンと雷の律者の相性はあまり良いとは言えないかもしれませんね。

最後にエデンのアタッカー火力を期待する運用について紹介です。

フィッシュル、ロストローズマリーと一緒に編成することでそれぞれがアタッカー兼サポーターとして戦えるのでチーム全体で安定してダメージを稼いでいくことができます。

ヘンデルがアタッカー聖痕としても非常に優秀なのでエデンをアタッカーにしてもある程度活躍が可能です。

手持ちキャラが少ない場合や虚数敵に対して有効な編成がない場合などに参考にしてみてもらえればと思います。

 

エデンのキャラ解説は以上となります。雷元素のサポーターは激戦区ではありますがエデンのメリット・デメリットをしっかり把握することで十分な活躍が期待できますので今回の解説を参考にぜひ使用してみて頂ければと思います。

以上、エデン「黄金・光耀の歌」のキャラ解説でした。

関連コンテンツ
関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。