【崩壊3rd】双生の彼岸花 無課金編成について考えてみる

双生の彼岸花の使い方と無課金編成についての考察です。

スポンサードリンク

スキルと立ち回り

基本的な使い方

基本的な使い方については公式の紹介動画を見ていただければと思います。

表人格は対多数向け、裏人格は対単体向けの性能になっています。但し、必殺技が重要なダメージソースとなっており、必殺技を使用すると人格が切り替わってしまうので臨機応変な対応が求められます。

キャラスキル

リーダースキル

最近のキャラの中では控えめな性能。

編成は彗星と組ませることが多くなると思うので状況によってどちらをリーダーにするか選択すると良いかと思います。

通常攻撃

通常攻撃を行うことでそれぞれの人格の意識が溜まります。

表人格のときは攻撃範囲が広い代わりに威力がそこそこ、裏人格の場合は威力が高い代わりに前方の敵のみへの攻撃となります。

特殊攻撃

意識が満タンの状態でチャージ攻撃を発動すると敵に印を付与することが出来ます。

印が付与されている敵へ意識満タンのチャージ攻撃を当てるとEPが12回復します。高頻度でチャージ攻撃を出していくことで、あっという間にEPが溜まっていきます。

また会心率・会心ダメそれぞれにバフがあり、不利属性のいない量子タイプに合ったスキル構成となっています。

必殺技

必殺技には最低必要EPがなくクールタイムが終了すれば再度使用できます。その代わり必殺技を使用するとEPを全消費し、消費したEP分必殺技のダメージが上がる仕組みとなります。

必殺技を使用すると人格が切り替わり、12秒間強化状態となります。必殺技使用後の強化状態を活かすために25秒毎に必殺技を使用したいところですが、人格によって向き不向きがあるので臨機応変な対応が求められます。

ただEPを150以上まで溜めてしまうと無駄が発生してしまうのでそれまでには必殺技を使用した方が良いかと思います。

回避スキル

極限回避は空の律者と同様に敵をすり抜けることでも発動できます。発動すると時空断裂とともに意識が満タンまで溜まるのでチャージ攻撃を発動できます。

QTEは虚弱と時空減速がトリガーとなっており、彗星との相性が抜群です。こちらも発動すると意識が満タンまで溜まり、チャージ攻撃へ繋げられます。

パッシブスキル

チャージ攻撃で意識を消費すると物理ダメージ+20%のバフがかかります。意識を溜める方法は豊富なので常時維持することが出来ると思います。

キャラスキルまとめ

バフ
・物理ダメージ+23%(リーダースキル)
・物理ダメージ+25%(印が付与された敵)
・物理ダメージ+20%(チャージ攻撃後)
・物理ダメージ+25%(必殺技後表人格)
・攻撃速度+15%(必殺技後裏人格)
・会心率+15%(リーダースキル)
・会心率+20%(印の共鳴)
・会心ダメージ+35%(印の共鳴)
・シールドへのダメージ+50%(裏人格)

意識+400にできる行動
・必殺技
・必殺技直後通常攻撃最終段(12秒間)
・QTE
・極限回避

全ダメアップのバフを持っていないので装備やサポートキャラでそこを補助してあげるとダメージが伸びると思います。

意識は簡単に満タンにできるので適宜チャージ攻撃を出していくことで必殺技のダメージを上げられます。

立ち回り

基本の動きとしては

QTE出場>チャージ攻撃>(※極限回避>チャージ攻撃>)必殺技>チャージ攻撃 >(※極限回避>チャージ攻撃>)
強化時間が切れるまで通常攻撃連打>極限回避>チャージ攻撃で〆

極限回避については敵に対して有利な人格でチャージ攻撃を撃つために必殺技の前後を変更すると良いと思います。この1セットで必殺技から必殺技までの間にチャージ攻撃を6~7回ほど出すことができ、必殺技の火力を上げるのに十分なEPを確保することが出来ます。

おすすめ無課金武器

おすすめ無課金武器は「群青のストーム」です。

攻撃速度がアップすると必殺技発動後の強化状態時に意識を早く溜められ、チャージ攻撃の回数を増やせます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ無課金聖痕

続いておすすめ聖痕の組み合わせをいくつか紹介したいと思います。

比較用にバフが一切乗っていない場合のダメージを100とした場合、聖痕無しでキャラスキルが全て乗った場合の通常ダメージ値が193、会心ダメージ値が454となります。

各編成にも最大倍率時のダメージを載せていきますので参考にしていただければと思います。

万能編成

T:マルコ・ポーロ
C:マルコ・ポーロ
B:アッティラ

スキル効果:物理ダメ+61% 会心ダメ+50%

通常ダメージ値:254
会心ダメージ値:724

ver.3.5から聖痕製造に追加されたマルコ・ポーロを使用した編成です。
チャージ攻撃や必殺技にうまく会心が乗ってくれると大ダメージが狙えます。

対単体編成

T:精衛
C:マルコ・ポーロ
B:アッティラ

スキル効果:物理ダメ+31% 全ダメ+31% 会心ダメ+50%

通常ダメージ値:293
会心ダメージ値:836

記憶戦場等で単体の敵を相手にする場合はTに精衛を装備して全ダメアップを付けてあげるとダメージが伸びます。他にはBをアッティラの代わりにダーウィンにするというのも全ダメアップを補助できて良いかと思います。

星3聖痕編成

T:バートリ・エリザベート
C:バートリ・エリザベート
B:アッティラ

スキル効果:物理ダメ+71% 会心率+5%

通常ダメージ値:264
会心ダメージ値:620

星3聖痕を使用する場合は定番の物理編成の他、TCを芥川龍之介に変えて会心ダメージを狙ってみるのも良いかもしれません。

以上、3種類のおすすめの聖痕組合せ紹介でした。

おまけ 彼岸の扉+アラン・ポーOS

スキル効果:物理ダメ+40% 全ダメ+155% 会心ダメ+100%

通常ダメージ値:594
会心ダメージ値:1990

参考に理想編成である彼岸の扉+アラン・ポーOSのダメージ値です。敵が5対以上いる場合のチャージ攻撃時という限定条件にはなりますが、かなりのダメージを叩き出します。

おすすめ無課金キャラ編成

最後に初期ランクがA又はBキャラのみで編成する場合の編成例の紹介です。

対複数敵

『ディラックの海』や『量子深淵』などで複数敵と戦う場合の編成例です。

双生の彼岸花は彗星山吹との相性が非常に良いので彼岸花+彗星+αという組合せが基本になるかと思います。遊侠の侵蝕状態バフのCTが18秒、ブローニャ・怠惰で山吹の必殺技に必要なEP50を溜めるのに約24秒と彼岸花の必殺技CTと相性が良い周期となります。

彼岸花の必殺技強化時間が終了したら遊侠へ交代し通常攻撃で敵を集めて分岐攻撃、時空減速も付与できるのでQTEで彗星へ、虚弱を付与してから必殺技で敵を集めQTEで再び彼岸花が出場という流れになります。

この編成でディラックを回ってみた動画を撮ってみましたので参考にどうぞ

対ボス戦

ボス戦等の単体敵と戦う場合のおすすめ編成です。

高難易度の敵に物理キャラで戦う場合は脆弱が欲しいので遊侠の代わりに聖女を入れています。

立ち回りは聖女が極限回避>QTEで彗星が出場、虚弱を付与>QTEで彼岸花が出場という流れになります。

単体ボスと戦う場合は裏人格の状態を長くして上げたほうが戦い易いかと思います。

 

2種類の編成例の紹介でした。また、無課金編成では無いですが神恩テレサがいるなら彼岸、神恩、彗星の組合せが定番になるかと思います。

 

以上、双生の彼岸花を無課金編成で使用する場合の運用例でした。

まだ使い込みが足りないので表裏人格の切替のタイミングなど研究の余地はあるかと思いますがざっと使ってみての内容をまとめてみあたので参考にして頂ければと思います。

1件の返信

  1. majico より:

    この人の攻略が一番わかりやすいな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。