;

【崩壊:スターレイル】戦闘のコツ SPの使い方を考えよう

今回は高難易度コンテンツでの編成、戦闘時に意識したいスキルポイントの管理についての解説です。

スポンサードリンク

SPは基本的に足りなくなる

戦闘スキルに使用するスキルポイントは通常攻撃を使用しないと回復しないため、パーティ全員がスキルを使用しているとあっという間に0になってしまいます。

そのため戦闘では通常攻撃を使用することでSPを溜めることが必須となりますが、通常攻撃の性能は一部追加スキルにより強化されるキャラ以外基礎ダメージ倍率50%(最大100%)の攻撃となります。

これはアタッカーの巡狩やサポーターの豊穣でも同じとなるため、通常攻撃は戦闘スキルを使用しなくても影響の少ないキャラが使用して、アタッカーなど戦闘スキルへの依存度が高いキャラが毎回SPを消費できる環境を整えてあげたいです。

目標としては毎ターンのSP消費と供給が±0になる編成、運用ができると良いですね。

また、通常攻撃を使用するキャラ、使用しないキャラをはっきりさせることで軌跡のレベルアップ素材を節約できるというメリットもあるので今回の解説を参考にしてみてください。

それでは、まず各運命ごとの戦闘スキルへの依存度、SP消費の判断基準等を紹介していきます。

運命別戦闘スキル依存度

巡狩

戦闘スキル依存度:

巡狩のキャラは戦闘スキルが基本的に単体ダメージなため通常攻撃の上位互換、ダメージ倍率も2~3倍となるのでスキルを使用しなくても倒し切れる場合等を除けば毎ターン戦闘スキルは使用したいです。

また、スキルポイントが1しかない場合
サポートキャラ:戦闘スキル+アタッカーキャラ:通常攻撃の組み合わせよりも
サポートキャラ:通常攻撃+アタッカーキャラ:戦闘スキルの方が基本的に合計ダメージは高くなるのでアタッカーには最優先でスキルポイントを回すように意識したいです。

知恵

戦闘スキル依存度:

知恵のキャラは戦闘スキルが複数攻撃になっていることが多く、敵が残り1体の場合は通常攻撃とのダメージ差が出にくくなることも多いです。

状況によって戦闘スキルと通常攻撃を使い分けていきましょう。

壊滅

戦闘スキル依存度:

壊滅はキャラによって戦闘スキルが単体攻撃だったり複数攻撃だったりするので、単体の場合は巡狩と、複数の場合は知恵と同じ考え方で良いかなと思います。

調和

戦闘スキル依存度:

メインアタッカーをサポートする役目となる調和は2ターンに1回くらいのペースで戦闘スキルを使用してSPの収支を±0にしたいですね。

サポート効果にターン数があるので上手く管理してスキルポイントをブダに消費しないのを心がけていきたいです。

虚無

戦闘スキル依存度:

虚無も調和と同様にサポート効果のターン数を意識しながら戦闘スキルを使用していきたいです。

スキルのダメージ効率も悪くないキャラが多いので、SP効率から考えると2アタッカー編成よりはアタッカー+虚無キャラの組み合わせの方が同じSP消費で考えた場合はダメージ効率が良くなりそうです。

豊穣

戦闘スキル依存度:

ここからは基本的にスキルポイントを供給する側のキャラとなります。

豊穣はヒーラーということで立て直しの場面ではどうしてもスキルを使わざる得ない場合がありますが、その頻度はなるべく減らしたいのでスキル、必殺技による回復量が非常に重要です。

例えば5ターンの内2回スキルを使用するとスキルポイントの供給が3、消費が2となり収支が+1となりますが、スキルを1回で済ませられた場合は供給4の消費1となり収支は+3、他のキャラが使用できるスキルポイントが2も変わります。

つまりヒーラーの回復量を上げる=アタッカーの使用できるSPが増えるという関係になるのでダメージ効率の面から見てもヒーラーの回復量は重要となります。

存護

戦闘スキル依存度:

最後に存護です。こちらも基本的には豊穣と同じで緊急時以外はSPを供給する側で運用したいです。

そのため炎主人公、ジェパードと違いSPを消費してバリアを付与できるなのかは調和のキャラと同じ考え方のほうが良いかなと思います。

SP効率の面から考えると豊穣+存護の両採用は火力も確保しやすい編成と言えます。この2キャラにより耐久面を通常攻撃や必殺技によるバリア、回復だけで維持できるようになれば残り2キャラのアタッカーやサポーターは毎回スキルが可能となります。

逆にヒーラー1枚で耐久を確保しようとして毎ターンスキルによる回復を使用しなくてはいけなくなったりすると、残り3キャラの内1人がスキルを使用できて、2人は通常攻撃によるSP供給に回らなくてはいけなくなるためダメージも稼ぎにくくなります。

特に敵からのダメージを無視できなくなってくる高難易度コンテンツでは存護+豊穣の組み合わせでSPを供給しながら耐久を確保するのが攻守両面から安定した編成となってきそうな気がしますね。

SP管理おすすめキャラ

炎主人公

通常攻撃でバリアを展開しながらSPを供給できるので主人公のみならずヒーラーにも余裕ができてSP管理が非常に楽になります。

装備が揃えばSP管理、火力、耐久全てに貢献できる万能キャラとなり、SP供給側に回れる存護は現時点でも主人公とジェパードのみとなるためヒーラーと同様に必須級のキャラかなと思います。

詳しい解説はこちらも参考にしてみてください。

ブローニャ

必殺技だけでも十分なサポート効果を持ち、1凸するとスキル使用時に50%の確率でSPが消費されないスキルまで追加され非常に強力です。

また、通常攻撃を行うと行動順短縮のスキルも持っているため、通常攻撃中心で戦うSP供給役としても優秀です。

一方で何も考えずに使用するとパーティ全体のSP消費が爆増しやすいキャラでもあるので注意が必要です。

停雲

戦闘スキルの継続ターンが3ターンと長いためその間に通常攻撃でSPを回収することが可能です。

パーティのSP管理に負担をかけない優秀なサポートとしてブローニャに劣らない活躍が期待できます。

素裳

1凸すると敵が撃破状態時に戦闘スキルを使用するとSPが1回復するようになります。

条件はあるものの実質SP消費無しで戦闘スキルを使用できるようになるため非常に強力です。

アーラン

戦闘スキルがSPの代わりに自身のHPを使用するキャラ。

SP管理は有利になりそうに感じますが、その分のSPを回復等に使ってしまうと元も子もないので扱いはかなり難しめ。

やられる前に倒しきるという戦い方が可能であれば輝くかもしれません。

 

以上が崩壊スターレイルの戦闘における重要な要素であるスキルポイントの管理に関する解説です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です