PS4コントローラ(DUALSHOCK4)をPCで使用する方法

PC用に使用していたゲーム用コントローラが壊れてしまったので、あまり使用していなかったPS4のコントローラをPC用に流用してみました。

スポンサードリンク

有線接続と無線接続

PS4コントローラをPCで使用する場合、有線接続と無線接続のどちらにも対応しています。

有線接続の場合はPS4付属のUSBケーブルでPCに接続すれば自動的に認識するかと思いますので特に細かい設定等は不要で使用できるかと思います。

無線接続をする場合はちょっと癖があるので詳しい手順をこれから紹介します。

無線接続の方法

準備するもの

Bluetoothアダプタ

PCとPS4コントローラはBluetoothで接続できます。ノートPCの場合は内蔵されている事が多いのでその場合は不要です。

自分はデスクトップPCなので下のUSBアダプタを使用しています。

input Mapper

Bluetooth接続だけでもソフト側が対応していれば使用できる場合がありますが、色々と不便な箇所なども出てくるのでinput Mapperというソフトを使用するのがおすすめです。

詳しい設定等は後ほど説明します。

PCとコントローラのペアリング

まずはPCとコントローラをBluetooth接続します。

Bluetoothアダプタのドライバは接続時に自動でインストールされるWindows標準ドライバのままの方がPS4コントローラと相性が良いようなので別途ドライバのダウンロード等は行っていません。

Bluetoothアダプタの準備ができたらWindowsの設定>デバイスからペアリングを行います。

PS4コントローラの【SHARE】と【PS】ボタンを同時に長押しするとペアリングの待機状態となります。

待機状態中はライトバーが点滅するのでその間にWindows側の「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」を選択します。

デバイスを追加するという画面が現れたらBluetoothを選択。登録できる機器一覧が表示されるので「Wireless Controller」を選択するとペアリングが行われます。

Bluetoothとその他のデバイスの画面に戻って接続済みとなっているWireless Controllerが表示されていれば登録完了です。

※PCとペアリング設定を行うとPS4本体とのペアリング設定が解除されるので、再度PS4でコントローラを無線接続で使用する場合は一旦USBケーブルで接続しての再設定等が必要となります。

input Mapperの設定

ここまでの設定でもソフト側でPS4コントローラをサポートしている場合、そのままゲームに使用することが出来ます。

ただ、それ以外の場合はコントローラとして使用できないので「input Mapper」というソフトを使用して様々なゲーム等で使用できるように設定をしてあげます。

input MapperはPS4コントローラをWindowsでサポートされているXboxコントローラとして認識させるソフトです。

input Mapperを使用するとPS4コントローラのタッチパッドをマウス代わりとして使用したり、コントローラの自動電源オフを自由に設定したりすることも出来るので非常に便利です。

ダウンロード・インストール

まずは公式からインストーラをダウンロードします。

安定版の最新ver.は1.6.10です。Beta版もありますが通常使用については安定版で機能は十分かと思います。

日本語対応していませんが基本的には画面に従ってそのままインストールで問題ないかと思います。

設定

インストールが完了したらinput Mapperを起動し、詳細設定を行います。

コントローラが認識されているとコントローラのマークが表示されます。表示されていない場合はPSボタンを押してコントローラの電源を入れたり、コントローラのペアリング設定を再度確認しましょう。

設定は「Profiles」から設定データを作成します。まずは「New Profiles」を選択します。

キーマッピングの画面が表示されます。ここは特に変更の必要がないので「Configuration」タブを開きます。

・Trackpad Settings

「Trackpad as Mouse」にチェックが入っているとコントローラのトラックパッドをマウス代わりとして使用できます。タップや押し込みで左クリックとして機能もします。

・Lightbar Settings

ライトバーの色などを設定できます。電池残量によって表示される色が変わるように設定できます。

デフォルトだと明るさが最大となっていてちょっと眩しいので、色を選択する画面の「Brightness」で調節してあげると良いです。

・Other Settings

「Idle Disconnect」にチェックを入れてあげると無操作時にコントローラの電源を切る設定が行えます。

「Mix Rumble Motors」にチェックを入れると振動機能を有効にすることが出来ます。

一通り設定したら「Profile Name」右にある「Save」を選択して設定を保存します。

コントローラアイコン右のProfileに先ほど作成した設定を選択することで設定が反映されます。

続いて左側の「Settings」メニューを選択します。

Input Mapperはソフトを立ち上げておかないと動作しないので、「Start With Windows」と「Start Minimized」にチェックを入れるとWindows起動時自動的にバックグラウンドで立ち上がるように設定できます。

負荷は殆どないソフトですが必要なときだけ起動したい方はチェックは不要です。

以上で重要な箇所の設定が完了です。

PS4コントローラ起動時はPSボタン1回でPCと接続、もう1回押すことでInput Mapperへ認識と2回押すことでPCでPS4コントローラが使用できるようになります。

 

以上、PCでPS4コントローラを使用する手順の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。