【原神】プレイ前の予習まとめ

サービス開始目前となったので序盤のプレイ等について予習してまとめてみました。

スポンサードリンク

準備編

サービス開始日と対応プラットフォーム

原神は9月28日(月)11:00の正式リリースが予定されています。

対応プラットフォームは以下の予定となっております。

  • PC(Windows)
  • iOS
  • Android
  • PlayStation4

Switchでもリリースが予定されておりますが正式なサービス開始日は未定となっています。

各推奨スペック等は下にまとめましたので参考にしていただければと思います。

どんなゲーム?

原神はオープンワールドRPGとなっていてソロプレイが基本です。MMORPGではありません。

他プレイヤーとはマルチクエストで協力プレイを行ったり、エンドコンテンツでスコアを競い合ったりという形になると思います。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」にかなり影響を受けているとは思いますが複数キャラを編成しての元素反応というのがゲームとして1つのポイントとなっているのでまた違った楽しみも感じられると思います。

下は実際にβテスト時にプレイしてみた動画となりますので参考にしていただければと思います。

開発のmiHoYoは崩壊3rdでスマホゲームとしては最高クラスのグラフィックを実現していますが原神はPC、PS4対応ということでグラフィックにも一層磨きがかかっています。

基本プレイ無料のアイテム課金制、いわゆるガチャゲーになりますが、現時点ではストーリーを進めるのは無課金でも大丈夫と言われており、対応端末も多いのでとりあえず触ってみていただければと思います。

リセマラは必要?

キャラクターの入手は基本的に祈願(ガチャ)からとなります。リリース時には公式から以下のアイテムの配布が予定されています。

冒険ランクとはプレイヤーレベルのことです。ランク1でガチャ10回分のアイテム、ランク7でガチャ10回分の課金石、ランク10でガチャ10回分のアイテムといった形で入手できます。

ガチャ開放まで進めた段階だとランク5となるのでガチャ10回分のアイテムのみが入手可能となっています。リセマラをする場合は初心者ガチャを回すことになると思います。

こちらのガチャは正式サービス時は星4以上がキャラのみとなるようで、確率は☆4キャラが5.1%、最高レアの☆5キャラが0.6%となるようです。

割引や課金石の回収等もありガチャ開放段階で13回ほどチャレンジできる見込みです。1枠はノエル確定となるので残り12枠で目当てを狙いに行く形になります。

計算するとリセマラ1回でノエル以外の☆4以上のキャラが出る確率が約50%、☆5のキャラが出る確率が約7%となります。

ガチャ開放までは1周20~25分程と言われています。何かしらの星5キャラ狙い、1時間で3周として計算すると

リセマラを1時間で終了する可能性が19.5%、2時間で終了する可能性が35.2%、3時間で可能性が47.8%、5時間で66.2%、10時間で88.5%となります。

10時間行っても10%以上の確率で星5キャラが出ない可能性があるのでそれなりの覚悟が必要です。

また、PC版はmiHoYoアカウントでのゲームログインとなるのでリセマラを行う場合は都度新しいアカウントが必要となります。スマホ版はまだ明らかになっていませんが、基本的にmiHoYoはリセマラを推奨していないので崩壊3rdのようにアンインストールだけではリセマラができず、特殊な手順等が必要になってくることも考えられます。

その分星5キャラは強力なので見返りも十分あるかと思いますが月曜サービス開始ということで場合によっては1週間程度の遅れも覚悟しなくてはいけないのでリセマラするかどうかは慎重に検討する必要があります。

自分は早くプレイしたいですし、崩壊3rdもリセマラせずに開始して特に困らなかったので多分やらないと思います。

リセマラのおすすめキャラについてはコンテンツも出揃っていない段階でのキャラランクなんて全く参考にならないので見た目で選んだら良いんじゃないですかね。

事前登録ガチャのおすすめ

9月28日まで下記事前登録イベントが実施されています。

ゲーム内での受け取りは10月10日まで可能ですがガチャができるのは28日までなので注意してください。

また、miHoYoアカウントと紐付けなのでPC版でリセマラする場合は受け取れなくなってしまうと思います。

イベントの仕組みとしては毎日任務をこなすことでガチャを回してアイテムを入手できます。入手したアイテムの中から重量の合計が16以下になるように組み合わせたアイテムをサービス開始後にゲーム内で入手できます。

高レアのアイテムを狙う場合Aランクの武器(10)+Bランクの聖遺物(6)かBランクの聖遺物2つ(12)+Cランクの武器(4)の組み合わせになると思いますがおすすめはB2つ+Cです。

武器は装備できるキャラが限られますが聖遺物は全キャラ使い回しができるので使い勝手が良いです。また青色2種類、赤色2種類の場合は装備時にセットスキルという効果も発揮されるのでどちらかの色2種類を狙っていくと良いです。

序盤のプレイのポイント

冒険ランクを上げよう

実際にプレイする場合のポイントですがまずは冒険ランクを効率よく上げていくことを意識しましょう。

原神は冒険ランクが上がることで様々なコンテンツが開放されていきます。ひとまずは冒険ランク20が目標になると思います。20までの各ランクで以下のようなコンテンツの開放やアイテムの入手が可能となります。

  • 7:原石1600個(リリース記念報酬)
  • 10:出会いの縁(リリース記念報酬)
  • 12:デイリー任務
  • 14:探索派遣
  • 16:マルチプレイ
  • 20:世界ランク・キャラ、武器レベル上限アップ・深境螺旋開放・紀行システム開放

冒険ランクが12まで上がるとデイリー任務が開放され各種報酬や冒険ランクを上げるための経験値自体も入手可能です。まずは12まで早く上げることで冒険ランクをより効率良く上げることが可能となります。

冒険ランクが20まで上がると世界ランクが上がります。世界ランクが上がると敵が強くなっったり、入手できるアイテムが変化したりします。また、深境螺旋というエンドコンテンツの一つが開放されます。クリアすることで原石等の報酬を入手できます。紀行システムは崩壊3rdの作戦標章のようなもので日々任務をこなしていくことで様々な報酬を入手できます。

冒険ランクを上げる経験値は

  • メインストーリー進行
  • デイリー任務
  • ワープポイント開放
  • 宝箱開封
  • 天然樹脂消費クエスト

などで入手が可能です。まずはメインストーリー目的地に向かいながら周辺のワープポイントの開放や宝箱の回収をしていくといった流れで進めていくと良いと思います。

天然樹脂の使い方

原神はオープンワールドのゲームなので特にプレイ自体には時間制限、回数制限等はありませんが唯一天然樹脂といわれる時間経過で回復するスタミナのようなものがあります。

天然樹脂の上限は120、8分ごとに1ずつ自然回復するので16時間で満タンとなります。

これは討伐というサブクエストに使用します。クエストを受注してクリアし、最後に天然樹脂を消費することで報酬を受け取ることができます。

アイテムの他に冒険ランクの経験値も入手できるのでこちらもなるべく溢れないように使用していきたいですが16時間で溢れてしまうので1日2回に分けて消費しないといけないのが困りどころですね。

また、天然樹脂は原石を消費することで回復させることもできます。1日6回まで回復可能ですが回数を重ねるごとに消費する原石のレートが上がっていきますので1回か3回までに抑えておいた方が良いかと思います。

回数消費原石
1回目50
2回目100
3回目100
4回目150
5回目200
6回目200

レートは大体「1原石=2円」くらいです。1日1回復だと100円、3回だと500円、6回だと1600円程となります。後で紹介する月パス等も活用して自分のプレイスタイルに合わせて回復は使用すると良いかと思います。

育成するキャラを絞ろう

原神はキャラごとにキャラレベル、スキルレベル等が設定されており育成には専用の素材等が必要となります。

1キャラ当たりの育成が結構大変で入手したキャラ全員を育成しているとリソース不足となって中途半端な状態となってしまい、世界ランクが上がって敵が強化された場合等に苦戦してしまう可能性があります。

育成するキャラは集中的に育成し、育成が完了したら次のキャラ育成に移行するようにしましょう。

原神は4キャラ1パーティの編成が基本となり、ただ強そうなキャラの並べるだけでなく元素の相性等を考えて組み合わせる必要があります。

またワールド探索時とダンジョン攻略時は適しているキャラが変わってきて、探索用には配布で入手できる主人公、アンバー、リサ、ノエル辺りを育成しておくと便利です。

特に大剣キャラはオブジェクトを壊したりすることができ探索時に必須となるので他に大剣キャラがいない場合は初心者ガチャで確定で引けるノエルを育てておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

課金要素

祈願(ガチャ)

ガチャは最高レアの☆5が0.6%、☆4が5.1%となっており、キャラと武器どちらも排出される闇鍋方式が基本となります。

天井は90回で☆5の武器、キャラ確定、180回でピックアップ武器、キャラが確定となっています。

180連は約4万円強となるようです。90回の天井までで☆5ピックアップが引ける確率は5前後になると思うので、ピックアップ狙いであれば基本的には天井を覚悟したほうが良いです。

祝福パック(月パス)

最近のスマホゲームでは一般的となった月パスが祝福パックという名称で販売されます。

購入時に300原石、30日間ログインボーナスで90原石毎日入手できます。合計3000原石が入手できることになります。

祝福パックの価格は610円の見込みで直接原石を購入するのに比べてレートが非常にお得です。

溜めてガチャを回す以外にログインボーナス分で天然樹脂を回復して効率よくゲームを進めるといったこともできますので特に無課金縛りなどが無いのであれば購入するのを非常におすすめします。

天空紀行パック(バトルパス)

天空紀行パックを購入すると冒険ランク20で開放される紀行システムの報酬が豪華になります。バトルパスや崩壊3rdだと作戦標章の上級標章と呼ばれている仕組みですね。

こちらは1,220円の予定で原石だけではなく様々な便利なアイテム等も入手できるのでこちらもある程度プレイするつもりであれば購入しておいたほうが良いです。

さらに崩壊3rdの精鋭標章にあたる真珠の歌パック(2,440円)もあるようですが、こちらは紀行システムの経験値を上積みすることができますが任務を消化しきれない方向けのアイテムとなるので必須では無いと思います。

主な課金要素としてはこの辺りとなりますが基本的には祝福パック+天空紀行パックのみ購入する微課金プレイがおすすめかなといったところです。

2つ購入しても月2,000円以下で収まるので月額制のゲーム感覚でプレイできるかと思います。無課金でプレイした場合との差も大きいので特に制限がなければこの2つは購入しておいたほうが良いです。

更に課金を考える場合はガチャの天井を覚悟した方が良いです。天井以外でピックアップを引ける確率が低いので中途半端な課金では大した効果が得られない可能性が高いです。

いずれにしても課金は計画的に。

 

以上、原神サービス開始に備えての予習まとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。